かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

AIS他出演対バン@渋谷TAKE OFF 7に行ってきました

4/8はAIS他出演の対バンへ。ワンマン前最後ということで急きょ行ってきました〜

 

 トップバッターでしたが、『パンピナッ!』『こいしょ!!!』『ZETTAI』『Love★Raspberry Juice』『Over The Future』『愛のナースカーニバル』と容赦無い盛り上げ曲連発で、30分間ずっと楽しいライブでした。

 

メンバーもヲタクもワンマンに向けて凄く熱くなっているのが分かるライブでした。凡なセトリながらすごく楽しかった。振り返れば以前もスタンディング公演を行った場所。でも、あの時とは違ってみんなイキイキしていて、感慨深くなったり。メンバーカラーも入って、会場の雰囲気も変わりましたね。特典会終わりでも挨拶がありましたが、次はいよいよワンマン、どんな姿を見せてくれるか楽しみです!

 

 短いですが、対バンレポでした!

Hello! Project ひなフェス2018 モーニング娘。20th Anniversary!! プレミアム(3/31夜)@パシフィコ横浜 レポ

3/31はひなフェス夜公演も入りました〜

こちらはモーニング娘。20周年記念ということで、OGから矢口真里吉澤ひとみ高橋愛藤本美貴道重さゆみ田中れいなが出演。セトリも昼公演とほぼ変わらないので前記事も参照のこと。

 

1曲目は『Mr. Moonlight〜愛のビッグバンド〜』(OG全員+'18)。歌い出しやセリフの相手役は矢口、メインはよっすぃ〜・愛ちゃん・ミキティの3人!それぞれ歌い出した時は大歓声でした。みんなアラサーながら久々に踊ったということで矢口も「みんなの息切れが聞こえる」なんて話していましたw

プッチモニ、行きま〜す!」と懐かしの煽りを再現して始まった『BABY! 恋にKNOCK OUT』はよっすぃ〜野村みな美ちゃん・稲場愛香ちゃんで披露!先輩に負けじと2人も本気で歌っていたのが凄かった!

ミニモニ。ひなまつり』は矢口と石田亜佑美ちゃん・小田さくらちゃん・横山玲奈ちゃんという、ここ最近で度々復活したメンバーでの披露。ひなフェスでもよくインストで流れていましたが、しっかり歌って披露されたのは初めて!

 

研修生〜カントリーは全く同じなので省略。ただしカントリーの『リズムが呼んでいるぞ!』は仕切りが小関ちゃんに変わっていました。

 

シャッフルコーナー、ソロは飯窪春菜ちゃんの『黄昏交差点』。はるなんはホント歌上手くなりましたね。曲にも歌声がマッチしていました。

『Independent Girl 〜独立女子であるために』(譜久村・森戸・竹内・植村)、最近特に仕上がりが凄い3人にちぃちゃんの可愛さをプラス。

 

桜ナイト、J=J〜娘。'18も同じように省略します。

 

 再びOGブロック。流れだした「チャララララララララ〜ン」のイントロでテンションブチ上げ!研修生BDの美貴様ロマンティック 浮かれモード』は本気で楽しみました。"オシオキギボンヌ"なんかも美貴様の前でやっちゃうなんて夢のようです。

れいな『Rockの定義』、流石現役で歌っているだけあって全然変わらない歌声!

さゆ『ラララのピピピ』では室田瑞希ちゃんがBDを務める感慨深い演出!りっちゃんの代わりは梁川奈々美ちゃんが務めました。

愛ちゃん・れいな・さゆで『Give me 愛』。この曲を愛ちゃんが歌うのも久々?愛ちゃんも変わらない歌声です。

矢口以外のOGで『悲しみトワイライト』。個人的に聴けてすごく嬉しかった曲です。ミキティも脱退後初めての歌唱みたいで、"急にいなくならないで"で苦笑い。よっすぃ〜の落ちサビが聴けたのもホント嬉しかった!

 

最後は全員で『浪漫〜MY DEAR BOY〜』。パートはOG・現役で均等に割り振られてました。確かに出演したOG全員参加の曲、20周年イベでも意味有りげに披露したりとぴったりな選曲だったと思います。

 

昼公演とは違って、ハロモニで観たりPV観たり…現役時代をより覚えているメンバーだけあって、歌って踊っている姿を観られたのはホント嬉しかった。特によっすぃ〜メイン曲も多いセトリだったのもすごく嬉しかったですね。

 

こうして20周年記念のひなフェスを終えました。それぞれ思い出があって、ハロプロは人生に寄り添ってきたんだなと改めて感じました。フクちゃんも言っていましたが、"ハロプロを知っている人は人生の10割得している"のかもしれません。今もハローを変わらず応援できていること、ホント有り難いなぁと思います。満足感あるライブでした、ありがとうございました!!

Hello! Project ひなフェス2018 Hello! Project 20th Anniversary!! プレミアム(3/31昼)@パシフィコ横浜 レポ

3/31は毎年恒例ひなフェスへ。今年は20周年記念ということでゲストも多数!3/31昼は娘。1期メンバー・太陽とシスコムーンがゲストでした。

 

5本のスタンドマイクが置かれたステージに登場したのは1期メンバーの5人。『愛の種(20th Anniversary Ver.)』から始まりました。やはり風格が違うというか、すごいものを観ている感覚でした。5人のパフォーマンスを肉眼で観られる日が来るとは、という感激。MCが聴けるのも感激、ただただすごい…という感想しか出てきませんでした。

続くなっちソロ曲『ENDLESS HOME』ではフクちゃん・小田ちゃんがコーラスで参加。ライブでは初披露でした。なっちもホント歌が上手いし安定感が凄いし、優しい歌声が心地良かったです。MCではフクちゃんの二の腕を「プリプリのエビみたい」と触る場面もw

 小田ちゃんの「私も楽しみにしているグループ」と紹介を受けて登場したのは初期タンポポ!昼公演のゲストには含まれてないながらも、矢口含めた3人だけでのパフォーマンス。『ラストキッス』『たんぽぽ』という嬉しい選曲で、これも観られたことがホントに嬉しかったです。会場も自然と黄色に染まり、"タンポポがいっぱい"でした。

 

続いては現役ハロメンのパフォーマンスを続けて披露。研修生は『Hello! まっさらの自分』。今年は地方組も一部参加でいっそう華やかに。

稲場・一岡・高瀬・清野で『Midnight Temptation』。まなか・くるみちゃんメインで、フワフワした雰囲気の2人ながらどちらもカッコよくキメていました。

つばき『笑って』『ハナモヨウ』という選曲も嬉しかった。樹々ちゃんもフル参加!

こぶし『チョット愚直に!猪突猛進』『これからだ!』。これからだ!を聴いたのは初めてでしたが、5人で前を向いていくという意志が感じられるパフォーマンスでした。

 カントリー『浮気なハニーパイ』『リズムが呼んでいるぞ!』。ハニーパイは20周年らしい選曲でしたね。MCでは恒例のコール&レスポンスも。リズム〜の仕切りは山木さん。

 

続いてはいよいよ太陽とシスコムーン。コミさんの見事なフェイクから始まる『ガタメキラ』で3人が登場すると大歓声。『月と太陽』ではミラーボールが回りシスコムーンらしいゴージャスな雰囲気に。個人的にも聴きたかった『宇宙でLa Ta Ta』では信田さんがアクロバットを披露。ラストは『Magic of Love』で〆となりました。2013年のカウコン以来の復活でしたが、そのときと変わらないんですよね。ブランクを感じさせない素晴らしいステージでした!

 

ひなフェス恒例のシャッフルコーナー。ソロは山木梨沙ちゃんで『スクランブル』。コールやサイリウム芸も楽しい曲ですし、20周年記念らしい大正解な選曲だったと思います。

ロッタラ ロッタラ』(和田・中西・一岡)は、アンジュの2人がすごい仕上がり!

そしてこれまた恒例『桜ナイトフィーバー』を全員で歌いました。

 

J=Jは新曲『SEXY SEXY』『Vivid Midnight』を披露。SEXY〜はつんく曲、Vivid〜はK-POP風のオシャレ楽曲です。金澤朋子ちゃんが欠席でしたが、新メンバー含めた7人体制がサマになってきたように思えます。

アンジュ『大器晩成』『ドンデンガエシ』。大器晩成も久々に聴きましたが相変わらず楽しいです。ドンデンガエシもひなフェスの定番になりました。

娘。'18は『花が咲く 太陽浴びて』『五線譜のたすき』。尾形春水ちゃんから卒業の報告もありました。五線譜は音源で聴いててパッと来なかった曲でしたが、この位置に置いたことで曲の意味がやっと明確になったように思えます。

 

娘。1期メンバーで『モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)』。Bメロの「なっち」「かおりん」コールが出来たのも嬉しかったですね。続いて『抱いてHOLD ON ME!』。初期の娘。曲もやるかなとは予想してたので、聴けて嬉しかったですね。なっち・明日香さんのツートップ、飯田さんの「ねぇ笑って」、当時のまま歌ってくれたのがすごく嬉しかった!

 

ラストは全員で『LOVEマシーン』。最初の「ディアー」は飯田さんと飯窪さんが一緒に!オリジナルの歌割は尊重しつつ、その他パートをシスコムーンや娘。'18が埋める形でした。最後のセリフはよこやんへ引き継がれました。なっちの「Break Down」なども健在、そして明日香さんは初めての歌唱!1期メンバーは落ち着いた初期曲の披露が多かっただけに、ラブマであっても派手な曲を歌ってくれたのが嬉しかったですね。

 

1期メンバー、初期タンポポ、シスコムーン…ずっと映像でしか観ていなかったグループをナマで観られたこと、コールやサイリウム芸を体験出来たのが何より嬉しかった。ずっと観たかった、聴きたかった、やりたかったが全て叶った公演でした。

 

…と、しんみりしつつまだまだ終わらない!

夜公演レポに続く〜

AIS-Scream 特別公演〜あざやかな未来へ〜@フジさんのヨコ レポ

3/24はいつものようにAISの公演へ。

 

1曲目は『ココロのちず』。もはやフジヨコ恒例な感じですが、いい感じに日が差し込む会場なので曲にも合うんですよね。

 

今回からメンバーカラー導入。れな→赤、まゆ→オレンジ、もえ→緑、ゆりあ→黄色、ともか→ピンク、はるか→紫、せら→青となりました。後日それぞれカラーのリストバンドやサイリウムも発売になるそう。

 

『スイミング』『マーチングマーチ』『Kiss!』『こあくまるんです』と落ち着いた4曲を披露。スイミングもいよいよそんなシーズンかと期待させる選曲。Kiss→こあくまのちゅちゅちゅシリーズ(?)もよかった!

 

ひさびさの新曲はPrizzmy☆の『パンピナッ!』。全員知ってる曲だったみたいです。特にともかは元々好きなグループで、カバーできる嬉しさに涙ぐむ場面も。

 

後半戦は『Faraway』『ICE CREAM MAGIC』『Superstar』『愛のナースカーニバル』『それだけなんだけど』『桜並木道』と6曲連続で盛り上げ。今回は昼公演との曲かぶりを避けるために定番曲一切ナシとなりましたが、そんな中でも怒涛の盛り上げラインナップで来てくれて気分もアガりました!

 

ラスト2曲は『この手につかんだ未来地図』『GO MY WAY!!』。どちらも最近よくやる曲ですが、重ねてやることで"前を向いて進んでいく"という強いメッセージを感じられます。

 

普段の公演ではアンコールはありませんが、今回は会場のボルテージ任せにアンコールが自然発生。アンコールの定番『こいしょ!!!』でブチ上がって終わりとなりました。

 

ワンマンも近づきメンバーもヲタもボルテージが上がっていて、いつもながら「楽しい」としか言えなくなるんですよね。今のAISホントに楽しいです。皆様もぜひAISへ。ワンマンも来てね!

なんてったってハロプロライブ vol.21@秋葉原Twinbox GARAGEに行ってきました

3/20はAIS他出演の「なんハロ」に行ってきました。簡単に言えばトリビュートライブで、ハローが好きなアイドルさんがひたすらハロ曲を歌い踊るというイベント。AISは全員出演でしたが、栗原舞優ちゃん・島崎友莉亜ちゃんがハロヲタ。まゆはアンジュ・こぶし(DD気味?)、ゆりあは℃-uteが好きだそうです。

 

 AISはメドレーで8曲披露。

『おへその国からこんにちは』以前ゆりあ生誕で歌ったことがある曲です。「なあみんな」担当はもちろんゆりあ。ハロ現場でもトップレベルに聴いてきた曲、自然と身体も動いて楽しいし嬉しかったです。

世界一HAPPYな女の子』前曲からの繋ぎも上手くて、熱気を引きずりながらのセカハピはすごく楽しかった。

『チョコレート魂』今年のバレンタイン公演でもやった曲です。AISヲタとしてはまだ記憶に新しいですが、知らないヲタさん、ヘビーなハロヲタなら堪らない選曲だったのかも?

『シャボン玉』愛する人は\はるかだけー!/、セリフともか。モーニングの曲はやってくれるだけ有難いです。めちゃくちゃに楽しませてもらいました。

『バッチ来い青春!』ルネ部ではお馴染みイイジマさん・炭𥧄さんのワークスということで、すごい納得いく選曲。この曲も現場で聴いたのは久々でしたが、みんなで肩組んだり楽しかったです。

『一丁目ロック!』これも現場で聴くのが久々でした。後のトークコーナーでも言ってましたが、濃ゆいハロヲタが多かったみたいでサビのコーラスも完璧に揃っていましたw

『本気で熱いテーマソング』イントロで思わず叫んでしまった曲。モーニングの中でも最近なかなか聴く機会がなかったこの曲、まさかまさかやってくれるとは思いませんでした。ほんとうに嬉しかった…。

 

コラボコーナー、萌ちゃんが代表で他のアイドルさんと『私が言う前に抱きしめなきゃね』をパフォーマンス。バキバキのダンスで見事に佳林ちゃんパートをカバーしていました。

MCコーナーはまゆ・ゆりあが代表。ハロプロイントロクイズをやりましたが、2人は散々な結果でしたね…w(すごく楽しいコーナーでした)

 

特典会の合間に他のアイドルさんのカバーも観させていただきました(というより曲目当てで観てましたw)

特にユメオイ少女さん、『ロマモー』やって全力でマワったり、『私のなんにもわかっちゃない』『Moonlight night〜月夜の晩だよ〜』『ドッカ〜ン カプリッチオ』という実質モーニング現場のようなコンボを決めたりとすごく楽しかったです。流石つんく直系(※小野はるかさんが元ナイスガールトレイニー)だけあって最高に"分かってる"ステージでした。

 

エンディングはれな・まゆのみ出演でしたが、『Happy大作戦』で〆となりました!

 

ハロメンは一切出ないながらハロ現場並みに汗かいて楽しめたライブでした。ライブハウスだから自由度が高いというのもありますが、知ってるハロ曲ばかりのライブというのもやっぱり血が騒ぐし、ずーっと楽しかった。やっぱりハロー楽しいな、大好きだなと思ったイベントでした!また行きたい!

Hello! Project 研修生発表会 2018 3月〜さくら〜@Zepp Tokyo(夜) レポ

3/11の夜は研修生発表会へ。今回はセトリ非公表という異例の展開、何が起きるのか誰もわからないというドキドキの発表会でした。

 

1曲目は『LALALA 幸せの歌』(全員)。こちらはハロステでもネタバレしてました。

今回の出演者は研修生・つばきファクトリーと研修生北海道から佐藤光ちゃんという面々です。

 

新曲『正しい青春ってなんだろう』は福田花音先生作詞。やはりエッグを通ってきただけあって、リアリティのある歌詞が見どころでしょうか。

『やっちゃえ Go Go!』も冬ハロぶりでしたが、コミカルな曲で覚えたら楽しいだろうなぁと思ったり。

 

つばきは『春恋歌』『気高く咲き誇れ!』を披露。樹々ちゃんもフル参加で、たくさん踊れてたのが嬉しかったですね。

MCではグループ内で「一人◯◯」が流行ってるなんて話をしていました(りこりこ・さおりんはプロらしいw)。

 

『黄色い自転車とサンドウィッチ』(井上・小野琴・西田・島倉・岡村・中山)はみんな可愛く歌ってました。汐里ちゃんが一番印象的だったかな?

『背伸び』(堀江・野口・山崎・松永・江口)はなかなか実力派なメンツですが、里愛ちゃんや紗耶ちゃんが自然と溶け込んでるのも良かったですね。

『ズキュンLOVE』(山崎・島倉)は良いパフォーマンスでした。可愛らしい明るい曲で、少人数だから歌割も多くて嬉しかった。

ザ☆ピ〜ス!』(全員)も冬ハロぶりです。セリフは紗耶ちゃん・りさまる。

 

MC「研修生エピソードクイズ」。高瀬くるみちゃん・山崎夢羽ちゃん・島倉りかちゃん・松永里愛ちゃん・松原ユリヤちゃん、進行は井上ひかるちゃん。

「松原ユリヤが近いうちに挑戦したいことは?」という問題は「R-1ぐらんぷりに出たい」という答え。お笑いが好きだそうです。もしコンビを組むなら里愛ちゃん(かわいいから)らしい。

「島倉りかが今欲しいものは?」は難問で、「(女の子が欲しいものというヒントを受けて)赤ちゃん」という回答が出てザワザワしたりw 答えは「色気」でした。

 

『一切合切 あなたにあ・げ・る♪』(一岡・高瀬・清野)はデビュー組の3人。ももひめ大人っぽくなりましたね。

『アイロボ』(研修生)『恋したい新党』(研修生)はそれぞれチーム中京と関東組に分かれてパフォーマンス。新党はひさびさですね。

『青春ビート』(研修生)は研修生全員で。橋本桃呼ちゃん・佐藤光ちゃんがソロもらってました。

桜チラリ』(前田・米村・山崎・橋迫・中山)はきららが頑張ってた。なつめちゃんも目立ってました。

『恋泥棒』(堀江・金津・児玉・日比・山田)は日比ちゃんが目立ってたかな。苺ちゃん大きくなりましたね。

 

『初恋サンライズ』(全員)は通路降臨もありで賑やかに。なつめちゃん・みぃみがセリフを言う場面も。

『思い立ったら 吉でっせ』(研修生)『お先にすんずれい』(全員)とマニアックな曲で賑やかなまま終わりました。

 

…そうなんです、今回マニアックな選曲なんです。もちろん春を意識した曲もたっぷりなわけですが、隠れた(隠れすぎた?)名曲ばっかりのライブとなりました。悔しいながら、正直ついていけない曲も多かったです。まだまだハローを勉強せねばと改めて思わせられましたね…。

だからこそ、というわけでもありませんが…セトリを公表しなかったのはちょっとキツかったかなと。予習して余裕持って、といういつものパターンが通用しなかっただけに、ついていくのにいっぱいいっぱいでした。私情をつらつらと書いてしまいましたが、新たな試みだっただけに今後どうなるか、ですね。

今回の個人的MVPは佐藤光ちゃん・橋本桃呼ちゃんです。光ちゃんは唯一北研からでしたがしっかり食らいついていた。桃呼ちゃんは全員曲で目立ってやる!という気持ちがパフォーマンスに現われていました。

また実力診断もありますし、ここでまた研修生一人一人を見定められれば、と思います!

 

 

 

AISパンダ他対バン@TOKYO FMホールに行ってきました

3/11の昼はAIS・パンダみっく他出演の対バンへ。

 

AISは『Wanna be your girlfriend』『こあくまるんです』『Faraway』『Luvly, Merry-Go-Round』『Over The Future』『桜並木道』と、25分枠でたっぷり披露してくれました。トップバッターでまだまだ早い時間でしたが、だんだんアゲていく感じが心地良かったです。桜並木道はひさびさに聴きましたが、今年もそんな季節が来たんだなぁと実感。制服衣装で髪型自由というスタイルも定番になりましたが、毎回新鮮、ワクワクさせられるのが良いですね。

いつもの楽しいライブでしたが、福島出身の2人も居るということで、特典会後のその時刻に合わせ黙祷を捧げる場面もありました。

 

パンダは『るーららるーらーるららるーらー』『オモカゲプラスティック』『あれからの話だけど』『パラレルワ』『好きな曜日はxx』『言って。』を披露。るーららとかオモカゲとか嬉しかったです。個人的にも久々でしたが、そのぶん改めてライブ映像を見返したり曲をしっかり聴き込んでライブを観たら、すごく楽しかったですね。今回は橋本彩花ちゃんが欠席でしたが、またフルメンバーで揃ったときに観に行きたいです。

 

MIGMA SHELTERさんも初見でした。サイケデリックトランスという音楽を主としているそうです。25分ノンストップ、曲間もずーっと同じリズムでノっていられるのが楽しい。一つの作品を観ているかのような、不思議な世界観ながら目を見張るパフォーマンスも素晴らしかったです。

 

以上、いろいろ対バンレポでした!