かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

吉澤ひとみさんの逮捕

事件からそろそろ1週間経ち気持ちがだいぶ整理でき、ブログとしてもこういうことがあった・自分がこう思ったということを記録しておきたい、やはりこのことをスルーすることは出来ないと思いましたので、勇気を出して書いてみようと思います。

 

9月6日、吉澤ひとみさんが逮捕されました。

個人的には4日にAISの解散発表があり、気持ちの整理が全くできてない状況。その中でこのニュース。ひどくショックを受け、ただうなだれるしか出来ませんでした。趣味をすることはこんなにもつらいのか、神はこんなにも試練を与えるのか…そんなことを考えていました。そしてひなフェスのこと、里山で少しでもお話しが出来たこと、婚約発表を泣いて喜んだこと…色んなことが思い出しました。何より、もしかしたら今、手錠をかけられ拘留されているかもしれないという現実にひどく胸が痛みました。

何がこうしたのか…すごく考えました。産後にメンタルが不安定になってしまう方も居ると聞きますが、イベント欠席を聞いたときに真っ先に頭をよぎったのがこの事でした。逆に、ご家族とは楽しそうでしたから、ワイワイやってたら朝になってたのかな。

比較的早い段階で送検される映像が出ました。そこで「ああ、間違いない、本当のことなんだ」と悟りました。

 

翌朝になってニュースが明るみになりました。飲酒運転・ひき逃げ・信号無視。基準値の4倍、その状態で現場入りしようとした…。流石にどうしようもないな、擁護のしようがないなと、諦めがつきました。例え大好きな人だったとしても、これはどうしようもない。

 

解雇されても仕方がない。3年、5年、10年?姿が見られなくなるのも仕方がないなと思います。今はただ処分を待つこと、それが我々にできることだと思います。でも帰ってきたときは「おかえり」と言えるようにはしておきたいです。

182日ぶりのアリエルプロジェクト

9/1は渋谷Gladでアリエルプロジェクトを観てきました。

 

3月のCDリリース以来しばらく日本での現場がなかったアリエル。SHOWROOMや動画は定期的に観てましたが…またライブ観たいなという思いはずーっと持ち続けていました。

そんなある日、8月の日本遠征・さらに12月のワンマンライブが決まったと聞いて、やっと観られる!とすごい嬉しい気持ちになりました。

ただ3週間くらいの遠征期間、なかなか予定が合わずで…。今回は観られないのかもなと諦めた時もありました。でも運は味方してくれたんですね。予定が悪天候で突然消えたんです。やっとアリエル観に行ける…!!がむしゃらに渋谷に向かいました。約半年、日数にして182日ぶりのアリエル現場が叶ったのです。

 

ライブはみどりちゃん以外の5人でした。みんなの姿を観て、胸がいっぱいになりました。また会えたんだ、って。

『エンジェルメッセージ』3月は新曲だったから何も対応できずでしたが、フロア移動が楽しくて、今度聴くとき絶対やりたい!と思ってたので、今回できたのがすごく嬉しかった。

『桜色メモリー』3月のことを思い出しました。現場が無い間も度々聴いて思い出したり。フリも自然と身体が覚えてるんですよね。ホントいい曲だなって改めて感じました。

『天使かよ』中毒性あるサビのフリは何度やっても楽しい。ずーっと笑いながら観てました。

『Dream on Stage』香港では既に披露されていたみたいで、初見の曲でした。タオル曲で、曲自体もすごく良い曲なんです。思わずタオル買っちゃったりねw

 

ブログで接触レポも久しく書いてませんでしたが、今回はななみちゃん・あおいちゃんとチェキを撮りました。

ななみちゃんは推しメンだから。半年ぶりなのに、何にも言わずに名前も覚えてくれていて。また胸がいっぱいになって「会えて嬉しい」とかしか言葉が出ませんでした。

あおいちゃんはTwitterでの書き込みがいつも良いなと思ってたから。と思ってたのに、「いつもアリエルのこと良く書いてくれてありがとうございます」って一生懸命言ってくれたんです。どこまで良い子なの…とまたまた感動してしまったのです。

時間が許せば全員と撮りたかった。というか全員に感謝を伝えたかったな…。

 

ライブも20分と短い時間でしたが、なんだかすごく嬉しくて、楽しくて、幸せな時間だったように感じました。短い時間でも、小さい会場でも、僕にとっては素敵な空間に感じたのです。

Gladという会場もあれこれと個人的に思い出深いライブを観てきた場所でした。今回のアリエルは何でもないライブではあったかもしれない。でも、僕にとってはまた一つ思い出深いライブになったのです。

 

先述しましたが、また12月にワンマンライブがあります。何度も言うけど、ホントに報われてほしい。個人的に思う「この先も観たい光景」、その一つは、夢を追い続ける彼女たちの姿かもしれません。

OH MY GIRL BAHNANA 日本デビュー Show Case Live<Part3>@なかのZERO大ホール レポ

8/28は韓国のガールズユニット「OH MY GIRL」の日本デビューライブに行ってきました〜

8/29に『バナナが食べれないサル』(OH MY GIRL BAHNANA名義)で念願の日本デビューとなったオマゴル。4月のファンミ以来、僕自身もすごくハマって、日本デビューもこのライブもすごく楽しみにしていました。

 

1曲目『バナナの食べれないサル』では客席後ろからヒョジョン・ビニ・アリンの3人が登場!ハロプロでよく見た演出ですが、スター性なのか、自分の中で大きくなりすぎたのか…4月にも感じた「わぁ、ホンモノだ!」という感動で震えが止まりませんでした。

2曲目『そうなんだって』ではミミ・ユア・スンヒ・ジホの4人でパフォーマンス。4月は怪我で座ってのパフォーマンスだったジホちゃん、今回はしっかり踊れてたのが嬉しかったですね。日本語版を聴いたのはこのライブが初めてでしたが、意外とイイじゃん!と感じました。

3曲目は『惚れたんじゃない』。スンヒのソロ曲です。バナナアルバムは日本語版が出るまでのお楽しみにしてたので、曲自体聴くのが初めて!オマゴルらしいアコースティックな曲調に、自然な日本語の歌詞、堂々たる彼女のパフォーマンスですごく好きになりました。そんなスンヒの姿、同世代としてすごく心打たれます。

 

MCは古家正亨さん。韓国文化にすごく詳しい方で、オマゴルとも度々MCでお世話になっているそうです。

MCコーナーでは「OH MY DREAM」として未来の絵日記を書くという企画が用意されました。みんな一生懸命日本語で書いてくれて、スンヒやユアちゃんは漢字まで書いてくれていました。ジホちゃんの「雪で家を作った。明日はお寿司を作って食べる」とか、ユアちゃんの「今日のショーケースが終わって星空を眺めてる」とか、ホントに忘れてほしくない素敵な感性だなと感じました。ミミちゃんの「70歳でもラップしてます」というのも良かった!

 

後半はリクエストを基に既存曲を韓国語で披露。

『CLOSER』は何回観ても幻想的な世界観。神秘的な7人の姿に、また震えが止まらなかったのです。

『Secret Garden』ずっと聴いてた曲、ずっと動画で観た曲です。なんだか、ずっと目が離せませんでした。意地でも肉眼で観てやる!って。少し振りも覚えていきましたが、一緒に踊れるのも夢みたいで。嬉しかったですね。

『CUPID』デビュー曲ですし、今回も欠かせない曲だったかも。コールや盛り上げポイントを押さえておいたせいか、意外と盛り上がって楽しかった。

最後の曲は日本語版で披露されるということでワクワクしてましたが、選ばれたのは『Windy Day』!今回一番聴きたかった曲です。日本語版も素敵ですごく良かった。もう一度聴きたいですね。

 

終わった後、しばらく気持ちがふわふわしてました。確かに肉眼で観たんだよな、目の前に7人は居たんだよな、あのコールもしたんだよな、でも実感が湧かない。これは夢か?すごく不思議な感覚でした。それほど嬉しかったんですよね。すごく良い経験でした。

先日、来年1月に「OH MY GIRL」として日本デビューすると発表がありました!また楽しみが続きます。また夢みたいな時間が帰ってきます。わくわくしながら、日本カムバックを待っていようと思います。

 

OH MY GIRL、奇跡のような時間をありがとう!

 

なんてったってハロプロライブ vol.26@秋葉原Twinbox GARAGEに行ってきました

8/21はなんハロライブに行ってきました〜

前回はAIS中心に、という感じでしたが、今回はフルで!見てきました!

 

トップバッターかつ今回の本命であるTokyo Flamingoは、岩崎夢生さん・中崎あやかさんのお姉さん組でパフォーマンス。1曲目に『サマーナイトタウン』というのが(モーヲタとしても)すごく嬉しかった。続くは『ガラスのパンプス』という大人な選曲!さらに『付き合ってるのに片思い』『Do it! Now』という、10年以上前の曲で固めたセトリ。当時聴いた思い出とか、最近もライブで聴いたとか、たくさんのことを思い出しました。

 

真奈さん・本田夏実さんによるユニット「真夏」は、1曲目に『もしも…』を歌ってくれました。この曲歌ってる人って誰でも可愛くみえるよな、こんな可愛い曲作るつんく天才だよなと改めて感じたりw 『恋の呪縛』では”呪縛トラップ”を楽しませてもらいました。自分自身Buono!に疎いというもあって『うらはら』は初めて聴きましたが、こういう曲もやってるんだなと勉強になりました。最後は『シャララ!やれるはずさ』もなんだか懐かしい範疇、研修生発表会で聴いたのを思い出しました。

 

 コラボは『本気ボンバー』。トーフラのゆきりん千奈美に似てると言い続けていますが(実際言われるらしい)、今回千奈美パートをもらってたのがツボでしたw

 

全力少女Rから候補生・柳川みあちゃん。なっきぃヲタということで、『ベーグルにハム&チーズ』『キャンパスライフ〜生まれてきてよかった〜』、”勝負曲”『私の心』、そして『君の戦法』という、みあちゃんホントになっきぃ好きなんだなぁと思わせる選曲。全力少女の現場も2年ぶり、久々にこのブログのカテゴリーも動きましたが、このタイミングで見られたのが嬉しかったですね。全力としてのライブも久々に…という気分になりましたねw

 

絶対直球女子!プレイボールズさんは『奇跡の香りダンス。』(←最高)、『ここにいるぜぇ!』(←最高) 、『スキちゃん』(←超楽しい)という選曲でした。そろそろ外出てゆっくりしようか〜と思ったら『奇跡』のイントロが聴こえて急いで戻り、終わったがらそろそろ…と思ったら『ここいる』でまた戻り…なんてことになりましたがw ベタっちゃベタな選曲ながら、これらも昔から聴いた曲たち。ほんとうに楽しかったです。

 

POPUPさんは『私が言う前に抱きしめなきゃね』『涙の色』『赤いフリージア』『シャボン玉』と披露、何回もですが、これらも昔から聴いた曲だし嬉しい選曲でした。ラストは『ロマンティック 浮かれモード』。ロマモーはずるいなぁと思いながら、最後の最後だったのもあって最高に楽しめました!

 

最後はオールキャストで『JUMP』。飛んで、飛んで、たくさん飛んだ!サビ合唱してるときもすごく気持ちよくて、めっちゃ良い曲じゃん…とまた改めて感じさせられました。

 

なんハロって夢のあるイベントだな、と感じました。今回は全体的に黄金期辺りの曲が多かったんです。出演者の方も僕(22才)と同世代の方が多かったんじゃないかな。この世代って小さい頃、黄金期のハローをテレビやコンサートで観て、CD買って…って生活をしてきたと思うんです。そういう方々がいま大人になって、小さい頃に観た・聴いたハローの曲を歌い踊る。我々ヲタも同じように、小さい頃(若い頃?)に観た・聴いた曲たちで楽しむ。そして、やっぱハロー良いよねって共感し合える。それぞれのハロヲタ人生が目に見えるような、夢があって、すごく素敵な空間だったんです。改めて、自分もハローが好きでよかったなと思いました。好きを好きと言える空間があることに感謝です!

なんハロライブ、これからも続くことを願って…楽しみにしてます!

AIS-Cake vol.15〜栗原舞優 生誕企画〜@LOFT9 Shibuya レポ

7/15はAIS栗原舞優ちゃんの生誕企画へ。MCもえ・生誕委員ともか。まゆは大好きなぐでたまの髪飾りやポーチを身に付けて登場。ウェルカムボードや会場の装飾など、他のメンバーには無かった力の入れ方でした。

 

歌コーナーで一曲目に選んだのは、レパートリーから『マジ グッドチャンス サマー』。そして続くは『有頂天LOVE』というハロヲタ歓喜セトリ!MGCSは「レパートリーでもハロプロさんを歌わせてもらっていて、中でも一番好きな曲」、有頂天は「スマイレージさんがレコ大の新人賞を獲ったのを見てて大好きになって、よく聴いてた」とのこと。ハロヲタのきっかけは辻ちゃん、という筋金入りだったりします。

 

意識調査は、せら→「実の妹」はるか→「本当に優しい」ともか→「趣味が合う」ゆりあ→「小動物」もえ→「ギャップ萌え」れな→「すきぴ♡」と、それぞれ悪く言えない(本人談)まゆらしい回答でした。

 

ご家族クイズ。

Q. まゆのチャームポイントは?→A. お尻(!?)

Q. まゆが苦手だと思うことは?→A. 雨(前髪が崩れたりで大変)

Q. 芸能界に入るにあたって心配したことは?→A. 口調が強くなったり、一言多いなぁと感じるところ

Q. まゆのここがスゴイ!と思うところ→A. 変顔のレパートリー

 

ともかプレゼンツ「おしとやかなまゆちゃんが見たい!」。部活でもやっている華道を披露してくれましたが、これが非常に穏やかな時間で、恐らくアイドル現場で一番リラックスできた瞬間だったと思いますw

 

再び歌コーナーで、大原櫻子の『真夏の太陽』。最近CMでも使われてた曲でしたね。「みんなの太陽のような存在になりたい」という意気込みの選曲。

ラストはレパートリーから『約束の場所』。「大切で思い出に残っている曲」ということでの選曲でした。

 

推しの生誕だから、というのもありますが…。

1人主役を置いてその子が一番輝ける時間・空間があること、すごく素敵だなあと改めて感じさせられました。今回は装飾もそうですが、受け身だけでなくみんなに楽しんでもらおう!という意気込みが実際に見て取れたのもよかったですね。

生誕企画のシリーズも二周しましたが、次のシリーズがどうなるかも楽しみ。改めて、お誕生日おめでとうございました!

AIS-Cake vol.14〜橋本麗愛 生誕企画〜@LOFT9 Shibuya レポ

7/1はAIS橋本麗愛ちゃんの生誕企画へ行ってきました〜

 

今回の選曲は「アニソンしばり」というれならしいコンセプトで、冒頭ではアイマスのコスプレで『GO MY WAY!!』(もえ・はるか以外)を披露。れなといえば、という曲でもあり納得の選曲。

続いて歌ったのは『君の知らない物語』(れな・せら)。アイドルネッサンスではお馴染みのレパートリーでしたが、AISで歌うのはなかなか珍しい?あくまで「化物語」のOPだからという理由での選曲だそうです。

 

2周目の生誕企画は2回目の参加でしたが、コーナーは全員固定になったようです。メンバー意識調査では、もえ→「ギャル」 まゆ→「カワウソ(よくくっ付いてくるから)」というなるほどな答えもあれば、はるか→「真面目」 ゆりあ→「ムッツリ(!?)」という答えもありました。

 

ご家族クイズは、れなのご家族に聞いたアンケートを基にクイズを作成。

Q. れなが苦手だと思うことは?→A. 整理整頓

Q. 外では見せない意外な一面は?→A. 意外に打たれ弱い

Q. AISに入るにあたって一番心配したことは?→A. 人見知りで内向的な娘がアイドルをできるか(でも積極的をチラシ配りしたりする姿に感心したそう)。

Q. 我が子ながら可愛いと思うところは?→A. ナマケモノなところ

れなのご家族はなかなか個性的な答えを出してきましたが、最後には「歌もダンスもMCもまだまだ出来ていない、やるからにはとことん上を目指してほしい」という愛のある厳しい言葉も。

 

3曲目として「とある科学の〜」のOP『Only my railgun』。ニコニコ見てた人にとっては懐かしい一曲。

ゆりあ考案「れなにケツバットしたい!」ということで、リーダーなら知ってて当然なメンバーにまつわるクイズを出題、外れたらケツバットできるコーナー。問題も「今思っていることは?」「教室の座席は?」「出席番号は?」などと超ニッチな問題を出し、外し、ケツバットされるという展開にメンバーも嬉しそうでした。だがしかし唯一「れなとデートに行きたい場所は?(→中野ブロードウェイ)」という問題であっさり答えられたまゆのみケツバットを受けてしまうというオチでした。

 

最後は『情報』(れな・まゆ・もえ・はるか)を披露。結構ひさびさに聴きました。前に見たのが去年?ダンスがすごく上手くなって、この曲の大人っぽさ・無機質さを表現するのが上手くなっていました。ずっと聴きたかったので嬉しかったです。

 

ご家族の言葉じゃないですが、れなはまだ歌やMCも上手くはないんですよね。それでも真剣に向き合っている、そういう姿を見せてくれるのが彼女なんです。まだまだ成長が楽しみだなと感じられたイベントでした!

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー 2018春〜We are MORNING MUSUME。〜@日本武道館(6/19) レポ

6/19はモーニング娘。の春ツアーへ。前回から引き続き、20周年記念ツアーということでした。

 

1曲目は最新曲『A gonna』。つんくらしいつんく曲というか、不思議な曲ですw

続いてアルバム曲で秋ツアーで披露がなかった『ロマンスに目覚める妄想女子の歌』を初披露。可愛らしいながらも疾走感のある曲で、盛り上げ曲になりそうです。そして『Fantasyが始まる』『青春Say A-HA』『パスゼロ』と既存の盛り上げ曲を連発。

 

オープニングVは年々クオリティが上がってて見るのをいつも楽しみにしてますが、今回は『花が咲く 太陽浴びて』のモチーフでそのまま同曲に繋がる演出がすごく良かった。ひさびさフル披露の『Help me!!』も嬉しく、Bメロの小田ちゃんは完全に自分の世界に染め上げる見事なパフォーマンス。『愛の軍団』も最近よくやりますが、知ってるだけ盛り上げやすいというのも有り難かったりw

 

20周年記念コーナーは『モーコー』の20thバージョンから始めます。今回はユニット曲メドレーとして少人数曲だけを集めた嬉しいセトリ。『シャニムニ パラダイス(小田・羽賀・加賀・森戸)』や『レモン色とミルクティ(譜久村・尾形・牧野・羽賀・加賀・横山)』が聴けたのはホント嬉しかったなぁ。『トキメクトキメケ(譜久村・生田・飯窪・石田)』も定番曲ですが安定の盛り上がり。『INDIGO BLUE LOVE(小田・野中・森戸)』はまだ不器用さ残るちぃちゃん・完全に自分のものにした小田ちゃん・そしてこのツアーで急に仕上がりの良さを感じられた野中ちゃんというバランスが絶妙。『坊や(譜久村・飯窪・佐藤・尾形・牧野)』や『大人になれば 大人になれる(生田・石田・佐藤・野中・横山)』は現場で聴くのは意外と初めてで、やっと聴けた〜という感覚。『大人になれば〜』は発表から4年経ってるわけで、音源しか聴いてなかった身としては、大人になってファンキーになった歌声(特にまーちゃん)によりビックリしたり。それぞれ卒業メンの穴を埋める12期・13期もナイス人選でした。

 

そして『メモ青』『マナコー』『恋ダン』『ラブマ』『ピ〜ス』『恋レボ』というベストオブベストな曲たちを続けて披露。この並びこそ世間に知れ渡るモーニング娘。なわけで、ヲタからみたらベタな選曲でも分かりやすく楽しい!と感じられました。

 

MCでは翌日に卒業を控えた尾形春水ちゃんの持ち込み企画。今までの恥ずかし〜いプライベート動画を大公開という面白いコーナーでしたw

MC明けでは『なんにも言わずにI LOVE YOU』を披露。モーニングでも屈指の名バラード、改めて、すごく感動させられました。

 

メドレーは20周年記念カフェでのアンケートを基に、盛り上げ曲人気トップ5をやるというもの。『123』『泡沫』『わき愛』『みかん』『WiL』という超豪華、そして超盛り上がるメドレーで汗だくになりました。メンバーも「こんなメドレー作ったの誰だよ〜」と言ってしまうくらい、隙のないメドレーでしたw

 

後半戦は『セクボ』『アンビ』そして『ラヴピ』という青空期の定番曲で攻める!こういうセトリもなかなかなかったのでホント嬉しいし楽しかった!

本編最後は『ジェラジェラ』でファンキーに〆。

 

アンコールではなんと超ご無沙汰『卒業旅行〜モーニング娘。旅立つ人に贈る唄〜』 を披露。1番ははーちんソロ、2番以降は全員でしたが、「和気あいあいな感じの娘。'18にぴったり」とはーちんが選曲してくれたようです。

最新曲『Are you Happy?』は現場で聴くと超かっこいい、これも盛り上げ曲に昇華しそうです。

そしてラストは『青空がいつまでも続くような未来であれ!』。本当に楽しい。手振ったり合唱したり(青空トレインは今回ありませんでしたがw)あんなに一つになれる曲も無いと思う。もう一度書きますが、本当に楽しかった。

----------

改めてモーニング娘。の曲ってホント好きだな、というのが素直な感想です。かえでぃーもMCで言っていましたが、色んなジャンルの曲をモーニング娘。は20年歌ってきてくれたんです。そんな大好きな曲たちに囲まれたこの一連のツアーは本当にたまらない内容で、モーニング娘。を好きが増しましたね。今回の「娘。最高」コールもいつにも増して強く言ってしまうくらい、本当に娘。最高と思えたコンサートでした。

改めて、20周年おめでとうございます。そして、20年モーニング娘。が在り続けてくれて、ホントにありがとう!!