かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。Twitter→@kanodi_

初めてのGlitter Piece・3年ぶりのシャイニングウィル現場(4/20 @Twinbox AKIHABARA)

2016年4月20日、Ru:Runのラストライブの日。ハロプロしか知らなかった自分が、ハロ外で初めてしっかり応援したグループでした。アイドル現場のイロハを教えてくれた場所でもありました。本当に大好きだったグループ。あの日どこで観てたとか、あんなこと言ってたとか、どこでご飯食べたとか翌日にぽっかり穴が開いたような気持ちになった事まで鮮明に覚えているくらい、忘れられない日でした。

 

その後すぐ、全力少女Rとして再スタート。3回くらい観に行きましたが…残念ながらその後は定着しませんでした。

今だから正直に書くと、一つは推しだった田中可恋ちゃんが卒業してしまったこと。やはり応援したいメンバーが居ないステージがどうしても納得できなかった。

もう一つはグループのコンセプトが変わりすぎで完全についていけなかったこと。メンバーも曲も増えて、だんだんとついていけなくなったんですね。

 

ただTwitterを見ている以上は情報は得ていて。山下はるひちゃんが卒業したことも寂しかった。2人の後任で候補生が入ったり、めっちゃ爆発してるMVを撮ったり、えり茶が青海と青梅を間違えたり、税の仕事にライブに全国どころか世界を飛び回って活躍していることも知ってました。

 

 時は流れ、2018年8月。ふらっと行ったなんハロライブに、当時候補生だった柳川みあちゃんが出ていました。ちょっと違った形にはなりましたが、2年ぶりに全力少女に触れることになって。そこで完全にノリでチェキ撮りに行って話していて、懐かしくなったのかなんとなく「また行きたい」という気持ちが出てきたんです。

程なくして候補生は全力少女(R)、そしてGlitter Pieceとして独立したグループになっていって。これもなんとなくでしたが情報を追っていて、怪トロやRu:Run、AeLL.の曲をたくさんやってくれているというのがすごく気になっていたんです。それが主現場が無くなったタイミングだったりで、改めて昔を振り返ることも多くて、その中でRu:Runを観ていた時代が自分の中でも大きな出来事だったんだなって改めて感じて。きっかけもあるし、ぐりぴからもう一度復活してみようという気持ちがどんどん大きくなっていました。

 

2019年4月20日。せっかくならこの日にしようと前々から決めていて、スケジュールを確認しながら、どれ行こうかな〜と考えるのも懐かしかった。わがまま言えば同じ場所で…と思ったけども、普通に行きやすそうなお昼のツイボでのライブに行ってみました。

 

1曲目『SUPER NOVA』AeLL.曲でピンと来ず。でもAISでも縁がありましたし、また音源探そうと聴いてました。

2曲目『Boon Boon カイトロ号(全力号)』おっ次はなんだとまだヘラヘラしつつ聴いてましたが…歌い出しで完全に目が覚めました。これめっちゃ聴いたことあるわカイトロ号じゃんうわー懐かしい!!!!!!と何故か目が潤む程に記憶が蘇って。カイトロ号はRu:Runではやらなかった曲でしたが、春トロのアルバムは当時からよく聴いてたのでほんとにほんとに懐かしかった。

3曲目『チャンスの神様』開始1秒くらいで驚きと嬉しさと懐かしさとあの日の景色と…色んなものが一気に蘇ってきて。たくさん思い出が詰まった曲、アイドルのライブで初めて泣いた曲。ほんと偶然みたいでしたが、大好きなこの曲を3年ぶりに聴けたこと、この日にやってくれたことがあまりにも嬉しくて、3年前と同じように泣いてました。何でもない対バンでなんで泣いてるんだお前はと自分でも思っちゃうくらいでしたが、自分の中で、ほんとうに大きな事だったのです。

 4曲目『嗚呼踊れ花吹雪』これもまためっちゃ懐かしい、3年ぶりでした。一応しっかり観ていた期間だったので振りとかも自然と覚えてて、無敵マンとかも久々にやったり、3年経って改めて違う気持ちで聴けたのも嬉しかったです。

 

この後気になっていた安栄美音ちゃんとチェキ撮りに行ってまあまあ一方的に私情を伝えつつ、久々にみあちゃんともチェキを撮りに行きまして。たなかれきっかけなことも覚えてくれていて、そこで「可恋ちゃんがきっかけでグループを知ってこの事務所のオーディションを受けた」という思わぬ話が飛び出てまたまたほんとうに嬉しい気持ちになったのでした。

 

なぜ3年だったのか…特に深い意味はなかったのですが、そのタイミングがたまたま今だっただけで。気づいたら3年、くらいの気持ちです。 何度も書きますが、知らなかった世界をたくさん教えてくれた場所。そこに帰ってみて、改めて自分の今までを再確認できた、大切な時間でした。続けてくれて、歌い継いでくれて本当にありがとう。応援してます!

 

f:id:ks_omy_h:20190423232602j:image

 

公式ページはこちら

 

アップアップガールズ(2) リリイベ・里山まとめ

アプガ2、9人体制初のシングル『We are winner!/スターティングオーバー』。今回はたくさんリリイベも行かせてもらいました。

 

3/27(水) リリイベ@CUTUP STUDIO(タワレコ渋谷)。この日はライブ間に合わず何やったかも不明。ライブ見ずに…というのも個人的にいかがなものかと考えてた身でしたが、特典会だけでも行きたい!という気にさせてくれたのも、今のアプガ2現場の楽しさ故でした。

 

3/31(日) 里山イベ@幕張メッセ。今年はひなフェス行かず里山だけ、という初めての試みをやってみました。アプガ2中心に1日中回っていました。ちーこからハンバーグのセット、ちなっちゃんから芋けんぴをもらった以外はずーっと写真撮りつつ。ゆりあとは何故か話してない(けどいっぱい写真写ってくれた)。里山初体験な方も居たりで、新鮮な反応が見られたのも嬉しかったです。

 

4/2(火) リリイベ@タワレコ新宿。行く気なかったものの、私物サインだけは行きたい!ということで行きました。ライブも間に合わず途中から。この日はAIS時代のヲタさんが多くて、思い出の品にサインしてもらう姿も見れたりでエモい日でした。

 

4/5(金) リリイベ@タワレコ錦糸町。この日だけは前から絶対行くと決めてたので、個人的にも本腰入れられた唯一の日。やはりoverture聴いてからだと高まり方が違う。流石ライブハウス錦糸町、店内イベなのに汗かきました。前回ガチガチだったちーことの個別握手もリベンジ。ゆりあが「夢がどんどん叶っていって不思議な気持ち」と言ってくれたのはホント嬉しかった。

 

今回のリリイベはただ楽しいから行く回数も増えた、というのが一番。

それに並行してあったのが、やはりゆりあの存在。リリイベ中につんくからの差し入れ・メッセージ、タイアップ決定、ツアーのプレ公演発表などたくさんのサプライズがありました。前述の言葉はこれらを受けてのもの。どんどん夢が叶えていくゆりあの姿、島崎友莉亜というストーリーを観せてくれた。そこがもう一つの軸としてあった、そんなリリイベ期間でした。

アップアップガールズ(2) #アプガ2セカンド #スターティングオーバー @マイナビBLITZ赤坂 レポ

3/23、アプガ2が目指していた地・赤坂BLITZでの単独公演へ。

 

…と、その前に前日にもイベントがありまして。決起集会と題したハロショでのトークイベがありました。この日は9人体制初めての表舞台。やはり個人的には、島崎友莉亜ちゃんの(事実上)復活の日とあって、この時点で感慨深かった。満員を目指して、前日までチケットを手売りしていました。

 

そして迎えた3月23日。満員とまでは行かなかったものの、それでも多くの人が!

OAではアプガ(仮)も出たりで、2年ぶりくらい?5人になってからのパフォーマンスを観れたのが嬉しかった。単独公演で観たのは初なので、知らなくても一緒に盛り上がれたりで、(仮)現場も楽しいじゃん!とやっと気づけました。

 

1曲目は『OVER DRIVE』。ライブは基本的に新メンバー以外の6人体制です。リリース時は、卒業していく中沖凛ちゃん1人の背中を押す曲という印象でしたが…オーディション然り、これから始まる新メンバー、ずっと走ってきた現役メンバー、見守ってきたファンも含めて、今回は平等にそれぞれの背中を押すような曲に感じられました。

 

MC挟んで『かかって来なさい』『エンジェル演じて20年』『っていう初恋のお約束』とかっこいい系(ダークネス系?)な曲を連発。

 

そして新メンバーの紹介があり、初めての9人体制でのパフォーマンス『ハッピースLOVE♡』を披露。歌割は基本変わらずですが、3人加わってかなり人増えたなぁという印象もありました。

 

ソロコーナーの最初は中川千尋ちゃん『君という仮説』。以前、ハローみたいに実力診断テストがあって、そこで披露するも緊張で歌詞を飛ばしてしまうということがあったみたいで。今回はリベンジ、完璧に歌えて良かったね…!という気持ちにさせられました。白いサイリウムも綺麗でした。

佐々木ほのかちゃん『両想いのしるし』。凛ちゃんありきの曲で卒業後は暫くやらなかったみたいですが、この超かわいい曲はほーちゃんらしくて、ぴったりでした。

橋村理子ちゃん『今日だけは会いたくないよ』。本来はちーこ・(仮)のせっきーとの「チームプリンセス」の曲ですが、今回ソロで先行して初披露となったようです。

鍛治島彩ちゃん『これからも』。これもイベントでソロ曲を貰える権利を勝ち取って書いてもらった曲だそう。以前もSR公開配信イベ「鍛治島きっかけ」で歌っていて、「このイベントのテーマソング」なんて言ってたのも思い出します。

高萩千夏ちゃん『お願い魅惑のターゲット』。アプガ2は意外とハロヲタメンが多いのですが、ちなっちゃんもその1人。ハロ曲でありアプガの曲でもあるこのギリギリの選曲は流石!イントロの瞬間からハロヲタとしての血が騒いでブチ上がりました。

吉川茉優ちゃん『どしゃぶりのテラス席』。まーちゃん初めてのセンター曲を1人で。個人的にも好きな曲で、ハロヲタにももっと知られてほしい名曲です。

 

再び6人で『スクールポーカーフェイス』。音源化されてない隠れ名曲。初期スマのカップリングにありそうな、甘酸っぱい青春ソングです。

後半戦は、振り付けが真似しやすくて楽しい『ワッチャウッ!!』、超ヘビーな『ラッタンプイコ』、チアリーダーの振り付けでなんとなくTWICEっぽい『Go For Girls!』、そしてみんな大好き『二の足Dancing』『Sun!×3』と、ホントに楽しいパート。

本編ラストは『全部青春!』でみんなで一つに。こうやって全然知らない人も初めての人も一つなって楽しめるのが、アプガ現場のホントに良いところだと思うのです。

 

アンコールは9人で、つんく作曲の新曲『We are Winner!』を初披露。フォーメーションやMVも新メンバーフィーチャーですが、あんなに大きいステージで、センターで輝くゆりあを観たら自然と涙が。アプガ2としてまたアイドル人生がスタートしたわけですが、ほんとうに幸せそうな顔でステージに立っていて、報われてよかった・諦めないでくれてよかったという気持ちは、頻繁に姿を観るようになった今でも、毎日のように感じています。

もう一つの新曲『スターティングオーバー』。こちらはNOBEさん・michitomoさん曲ですが、ハロっぽいガヤ入りまくりな楽しい曲。また新しい体制が始まるワクワク・そして感謝の気持ちが伝わってくる素敵な2曲です。 

 

自然と湧き上がるダブルアンコールは、9人で『二の足Dancing』。最後の最後まで熱い熱いライブでした。

こんなに汗かいて、楽しくて楽しくてしょうがないライブはホント久々。色々な巡り合わせでたどり着いたアプガ2でしたが、心から楽しめる現場がまた見つかったのが何より嬉しいです。本当に、本当に、素晴らしいライブでした。ありがとうございました!!

アップアップガールズ(2) 新メンバーオーディション途中報告会@AKIBAカルチャーズ劇場 レポ

3/3は昼の芝公園でのフリーライブが終わり、そのまま「オーディション途中報告会」というイベントへ。

前回の同イベントでは、中沖凛ちゃん除く初期メンバー4人の合格が発表されたそう。ただ、今回どうなるのかは全くの未知数。この日に発表?3/23の単独公演で発表?候補生はどれだけ出てくる?本当にわからないまま、とりあえず心の準備だけしてイベントに臨みました。この日はAIS時代のヲタクが久々に集結できた日でもありました。ゆりあが久々にステージに立つかもしれないから。

 

とりあえず6人で『かかって来なさい』『ハッピースLOVE』『ワッチャウッ!!』を披露、会場をあたためます。

MCさわやか五郎。カルチャーズでブーイングできるのも新鮮…そして謎の安心感w

見届け人としてアプガ(仮)のメンバーも登場。主に森咲樹ちゃんがオーディションの審査に関わっていたので、MCアシスタントも兼ねていました。

 

いよいよオーディションがどうなってるのかを報告…と思いきや、いきなり合格者発表!!

1人目は新倉愛海。元TOY SMILEYということでAIS界隈でも馴染み深いメンバーではありましたが、やっぱりセカンドキャリアだけあって即戦力採用なのかな、とは思いました。

 

ああ、1人なのか…という雰囲気になるも、ここで終わらないのがサプライズ大好きUFグループ。続く2人目は森永新菜。個人的にオーディションではノーマークでしたが、独特の空気感がだいぶ話題だったようで、出てきた時の歓声も大きかったです。あまりにも丁寧な言葉遣いだったり、挙動が面白かったり、なのに特技のラップではガンガンに煽りまくって、終わったらまたおしとやかになって…なかなかヤバいヤツが来たという気持ちにさせられましたw

 

今度こそ終わり、ダメだったのかと諦め…と思ったら、まだ1人居ます!とまたサプライズを終わらないUFグループ。

そして続く3人目。画面に映ったのは、やたら小さなシルエット…そう、最後の合格者は島崎友莉亜!!

(主にAISヲタが)ものすごい歓声で…久々にステージに帰ってきたゆりあは、顔を真っ赤にして顔をキューっとさせて感激した様子でした。そんな姿を観て自分も嬉しくて嬉しくて、自分も周りもたくさん泣いていました。それぞれワンコーラス『二の足Dancing』を歌う場面もありましたが、ゆりあコールも超久々で!特技としているギターでは『OVER DRIVE』を歌ってくれましたが、「過去の道も未来へと ずっと続いてる」という歌詞がホント感慨深かかったです。久々に生きててよかった、ここに来てよかったと思えた瞬間でした。

 

ラストは6人で『OVER DRIVE』。先述しましたが、新メンバー3人も、現メンバー6人も、これはヲタもそう。それぞれの過去があって、いまアプガ2にたどり着いて、前を見て活動して・応援できているというのがホントに運命的だと思うのです。あの時アプガ2に出会えたから、もちろんゆりあがオーディションを受けてくれたから、ここまで興味を持って応援できた。この先がもっと楽しみになった!このグループを応援できているのがホントに嬉しいと思えました。

 

終演後の握手会。ゆりあと何ヶ月ぶりか話しました。「おめでとう」「ありがとうございます」「がんばってね」「がんばります!」くらいの会話でしたが、ゆりあはまた顔真っ赤に涙目だったのが忘れられません。

 

そして3/23にはマイナビBLITZ赤坂での単独公演。 6人の集大成、そして9人初披露。アプガ2は新たな1歩に向けてスパートをかけていきました。 

まだまだ続く!

アプガ2現場 3月まとめ〜オーディション前夜〜

3月も引き続きたくさん行かせてもらってます、アプガ2現場のまとめです。

今月はアプガ2にとって怒涛の一ヵ月!?今回は3/3昼までで一区切りにします。

 

3/2(土)、ちーこ・ほーちゃんの帰ってきた ハロショイベ。2回目だけ滑り込みで観られましたが、『ハッピースLOVE』『ロボキッス』『全部青春!』という記憶に新しいラインナップでイベントをやってました(1回目は『初恋サイダー』もやったそうです)。前回よりも楽しそうで、自然とMCもいろんな話が聞けました。

この日の握手会、ちーこに「実はオーディションのゆりあちゃんを昔から観ていて…」という話をしたら、「えっ!受かってほしいね!」とテンション高めに言われたのを覚えています。

 

3/3(日)、芝公園でフリーライブ。東京マラソンの日でしたので、吉川茉優ちゃんが昨年出場した縁で、関連イベントに出演ということでした。とはいえ、この日はどしゃ降り。足元もぬかるんでいましたが、そんなのも関係なく!?楽しいライブでした。(びしょ濡れになりました)

この後はオーディションの途中報告会。ゆりあはどうなるんですかね〜という話で持ちきりでした。期待もたくさんありつつ、それが叶わない可能性もありつつ…。

 

後半へ続く!

アプガ2の1・2月現場まとめ

昨年末のリリイベですっかりハマってしまったアプガ2。今年も年始からたくさん行ってますので、まとめてドドドーンとレポ!

 

1/20(日) SHOWROOM「鍛冶島きっかけ」公開生放送@mona records(下北沢)。トークイベントで、ライブとは違ってゆるゆると楽しめるいいイベントでした。メインMCかじぃのトーク力の高さ、ほーちゃんの天然さ…などなど、メンバー1人1人をしっかり知れたイベントでした。

 

…と、この間に裏で進められていたオーディションのファイナリストが発表されました。そこにはなんと、元AIS・島崎友莉亜ちゃんの姿が!!AISメンが再び動き出したことに、ゆりあを、AISをずっと観ていた身としてもうれしくてうれしくて…。しかも今ハマっているグループに入ろうとしている…このこともすごい運命的で、ホントに嬉しかった。ゆりあは毎日SR配信やTwitterで元気な姿を見せてくれました。

 

2/10(日) 対バン@アゼリアホール(館林)。リリイベの時の楽しさが忘れられず、どうしても赤坂の前にライブが観たい!という気持ちだけで出向いたプチ遠征。1人ではあったけど、一体感が魅力の『ハッピースLOVE』とか『全部青春!』とか、超オープンな雰囲気で受け入れてくれて、ほんとうに楽しいライブでした!

 

2/11(月・祝) ちーほーハロショイベ。個人的に推しメンである中川千尋ちゃん、そして最年少の佐々木ほのかちゃんという年少組2人でのイベント。2人での『二の足Dancing』『ハッピースLOVE』『全部青春!』、ハロショでのイベントということで、ほーちゃんお気に入りの『ロボキッス』をやったり。緊張も、2人のがんばりもたくさん伝わってきたイベントでした。

 

2/23(土) 対バン@表参道GROUND。昨日のことですが、やっぱりもう一回ライブが観たいと思ったので行ってきました。オーディションきっかけでAISヲタがたくさん観に来てくれたり…こうやってまた再会できたのも、1人1人がアプガ2に出会えたからなんだよな、としみじみ思ったりなライブでした。

 

3月にはオーディションの途中報告会、そして赤坂BLITZでの単独ライブ。ゆりあがどうなるのかというワクワクもありつつですが、アプガ2のライブは本当に楽しいので、自分自身もたくさん勉強して、もっと楽しみたいな〜なんて思ってます!春が楽しみ!

川クリと始める2019年〜1月現場まとめ

今年も引き続き、川越CLEAR’Sの現場にたくさん行かせてもらってます。1月の現場をまとめてレポ!

 

1/6(日)、CHEERZイベント@タワレコ渋谷。オマゴルから回していきましたから、ラスト1曲でギリギリ滑り込み。その一曲が大好きな『ドレミファンタスティック』だったのがまた嬉しかったですね。いま好きなグループが至近距離でライブをやってくれたのもミラクル!良き川クリ初めの日になりました。

 

1/19(土)、夏野まほ生誕祭@DEPARTURE。今年初めての川越は推しメン・夏野さんの生誕祭!川クリの生誕祭は初めてでしたが、意外といつも通りなライブで、しかもいつもより長い時間で!気負わず観られて楽しかったですね。長い分、聴きたかった曲(特に『MAGIC RAINBOW』や「530MISSION』)もたくさん聴けたり、何よりほぼノンストップで1時間半はスゴい!生誕祭らしくソロ曲とかあるかと思いきや、夏野さんの意向で”川クリらしいライブ”にしたそうです。この日の為に口上が作られたり、いろいろなファンからの企画も楽しかったです。

 

1/26(土) フリーライブ@アリオ上尾。やっぱり野外ライブは不思議と原点に立ち返れる気がします。そして何より気持ちいい!私事ながら誕生日で、メンバーに祝ってもらったりで…寒かったけど心がほっこり(何言ってんだ)嬉しい楽しい一日になりました!

 

というわけで、1月現場まとめでした!