かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

AIS定期公演「AIS-Scream vol.22 〜目指せ256人!絶対あきらめない千秋楽〜」@AKIBAカルチャーズ劇場 レポ

12/9の夜はAIS定期公演へ。

 

9月から計7回、カルチャーズ劇場での定期公演を行ってきたAIS。この7回で1000人動員することでワンマンライブが開催できるという目標がついていました。

12/2まで6回公演を行って、1000人まで残り256人。この数が出たとき、無理だろうと思いました。行ってきた6回は平均して130人程度の動員でしたし、毎回かなり快適に観られる環境であることも実感してるわけですからね。

でも彼女たちは諦めませんでした。最後の1週間、いつにも増して告知に力を入れたり、平日でもチケットを手売りしにいったり。そんな動きをみて、ヲタも力を入れまくって行動を起こしたんです。宣伝したり、仲間を誘ったり…当日の昼まで、ギリギリまで諦めなかった。

実際に手売りチケットは完売、前売りの予約も今まで以上の売れ行き。あとは当日券次第という段階までは来ていました。しかし確信は持てず、当日も会場で「微妙かも…」なんて声が聞かれました。

会場に入ったときは確かにいつもより多いかなって程度でした。しかしながら、このあとも入ってくる人が止まらないんです。もう入れない、ってくらい人が入ってくるんです。そんな中で、1000人の指標であった「ありがとうのおハガキ」が配り終えた、会場に入れないなどとちらちら報告が。これはいけるか…今までに無い、熱気立ち込める中、ライヴは始まりました。

 

最初にメンバーが出てきて、客席をみてみんなウルウルしてました。

大定番『Over The Future』から始まり、『ZETTAI』『I NEED YOU』『それだけなんだけど』『Faraway』と盛り上げ曲を連発。声援もいつもの何倍も大きかったです。

 

MC挟んで、今回の定期公演6回分の新曲『マーチングマーチ』『SWEET&TOUGHNESS』『こあくまるんです』『GO MY WAY!!』『Love★Raspberry Juice』『ジン ジン ジングルベル』と、冬らしく『ジングルガール上位時代』を続けて披露。

今回の新曲はBON-BON BLANCOの『この手につかんだ未来地図』。前向きな歌詞で、真似しやすい振り付け、なんだかラストの定番になりそうな曲です。

 

ここで緊張の結果発表。れなが渡されたメモを読み上げます。

「AIS初めてのソールドアウト、そして総動員数1000人達成」

発表があった瞬間、メンバーは泣いて喜び、フロアも大歓声。これでワンマンライブの開催が約束されました。

 

自然と沸き起こるアンコール、披露したのはAISのアンセムと言っても過言ではない『こいしょ!!!』。これもまた大盛り上がりで、自分自身も楽しいのにグッときたパフォーマンスでした。

 

この日が良い結果で終われたことは本当に良かった。今回の目標を達成、しかも満員にするというもう一つの目標も達成できた。メンバー・観客のパワーが想像以上の結果を出した、すごいミラクルが起きました。

「どうなってしまうんだろう…」とさえ思うくらいに大変だった夏を乗り越え、与えられた定期公演というチャンスにぶつかって来た彼女たち。毎回ステージでは見せない、色々な感情があったはずです。

でも、諦めなかったんです。そしてこの結果がついてきたんです。みんなの想いが、確かに届いたんです。

彼女たちにとってもこの経験は大きな自信になったと思います。この調子ならばワンマンライブも良いものになるはずです!

 

本当に、本当に、おめでとう!!

モーニング娘。'17 加賀楓バースデーイベント@TOKYO FMホール(2部) レポ

11/30は加賀楓ちゃん18才のお誕生日、ということでバースデーイベントに行ってきました〜

 

MCは上々軍団鈴木啓太さん。かえでぃーは赤を基調にしたボーイッシュな衣装で、すごく楽しそうな勢いで登場。

「プレゼントはもらった?」との質問に、「もらってない…でも野村みな美さんから9月にコーヒー豆をもらった」とのこと。

18才の目標として「今まで表情を顔に出すことがあまりなかったから、もっと笑っていきたい!」と話していました。

ビデオメッセージとして牧野真莉愛ちゃんからコメント。研修生時代の思い出話、娘。に入ってからのことなど話していました。まりあ主導でハッピーバースデーの合唱もしました。そして「かえでぃーらぶりんやってください!」というまりあからの無茶振りに、不満そうながらもやってくれましたw

 

コーナー「かえでぃー思い出写真館」。赤ちゃんの頃から小学生くらいまで、たくさんの写真を見せてくれました。しかし、赤ちゃんの頃の写真を観ても「記憶がない、小3くらいからしかはっきり覚えてない」とのことでしたw

 

コーナー「五感能力テスト」。BDイベにあたり本人から五感を試したい!というリクエストがあってやった企画だそう。1公演目で視覚・味覚・聴覚を試したので、今回は触覚・嗅覚と先ほどダメだった聴覚を再びテスト。クリアするごとにプラモデルのキットが貰えます。

触覚はいわゆる「箱の中身はなんだろな」ゲーム。中身はスライムでしたが…手を入れるなり鷲掴みにしたりして即答してしまうかえでぃー、啓太さんから「醍醐味!あっ…て怖がらならないと!」とツッコミw

嗅覚は目隠しした状態で、何の匂いなのかを当てます。用意されたのは湿布・石鹸・キムチでしたが、こちらも早い目に答えてクリア。

聴覚は3ブロックに分かれたヲタがそれぞれ違う言葉を言って聞き分けるというもの。「剣道」「天丼」「ロンドン」と似た言葉でしたが、こちらも2チームに減らすなどしてなんとかクリアしましたw

 

続いては質問コーナー。

Q. 「尾形春水ちゃんの好きなところを三つ」→A. 「優しい、大阪弁がかわいい、瞳の色が綺麗」

Q. 「イケメンセリフを言って」→A. 「(誕生日の女の子に向けた設定で)誕生日おめでとう。今まではカレカノだったけど、今年はもっと甘やかしたいな」(啓太さん「やり慣れてるなーw」)

Q. 「スタイルを維持する秘訣は?」→A. 「あまり意識してない。でも食べ物は気をつけたり、衝動的に筋トレしたりはする」

あとは「小さいころの夢だった警察官になりきって」という無茶振りに、啓太さんとコントをやっていましたw

 

ライヴコーナーは5曲披露。

まずは『初恋サイダー』。歌われすぎと騒がれた曲ですが、ハローの現場で聴く機会はあまりなかったり?むしろ新鮮に思えました。

続く『江戸の手毬唄Ⅱ(2012 神聖なるVer.)』は、前曲と合わせて実力診断テストの候補曲だったようです。

3曲目の『スッピンと涙。』は伸びやかな歌声を披露。研修生時代や今の娘。もそうですが、しっかりかえでぃーの歌声を聴く機会って意外と少なかったよなぁと。すごくいい歌でした。

4曲目は唯一の娘。曲『今すぐ飛び込む勇気』。青春してるときだからこそ響く曲ですよね。的確なダンスも綺麗でした。

最後はなんと『Love take it all』!実力診断で優勝したときの曲で、本人も「今までで一番思い出深い曲」と言っていました。自分もあの時のパフォーマンスも、涙のスピーチも鮮明に覚えています。あの時は遠くからでも緊張が伝わってくるパフォーマンスでした。でも今回はすごく楽しそうに、笑顔で、今まで以上に力の入ったラブテキを魅せてくれました。本当に嬉しかった。

 

かえでぃーにとって初めてのバースデーイベントでしたが、とにかく有り難いなぁという気持ちで観ていました。誕生日当日に姿を観られる機会があること、やはり4年くらいの積み重ねを考えれば本当に有り難いし、嬉しいです。啓太さんも言っていましたが、初めてなのに笑顔で弾けてすごく楽しそうにイベントをこなしていて、その姿もすごく嬉しかったり。本当にありがとう、という気持ちしかないです。

 

改めて、誕生日おめでとう!!

18才、たくさんの笑顔を見せてね!

 

AIS-Cake vol.9〜島崎友莉亜 生誕企画〜@LOFT9 Shibuya レポ

11/26はAISの島崎友莉亜ちゃんの生誕企画へ行ってきました〜

前回のせらちゃん生誕からMCや生誕委員もメンバーが行うようになっていました。今回のMCはまゆちゃん、生誕委員はもえちゃん。

 

最初の企画はメンバー意識調査。ゆりあちゃんがメンバーそれぞれをどう思っているかを調査しました。ともか→「ねこっぽい」まゆ→「面白い」もえ→「一緒が多い」など本人が思ってることと同じだったり、違ったり、だったみたいです。

 

続いてはアンケートクイズ。ご家族のアンケートを基に穴埋めクイズを行いました。

Q. 「AISに入って◯◯が悪くなった」→A. 「要領が悪くなった」(提出物とかつい遅くなってしまう)

Q. 「小さいころから◯◯で周りから褒められていた」→A. 「ニコニコ挨拶」

Q. 「芸能界に入るにあたって心配したことは?」→A. 「身長」

Q. 「今後直してほしいところは?」→A. 「朝起きてほしい!」(アラームを好きな曲にしてて、そのまま聴いてしまう)

などの回答がありました!

 

続いては「ゆりぼうを笑わせろ!」。ゆりあちゃんを笑わせたらプレゼントが貰えるという企画です。内容が盛りだくさんなので詳しくは割愛しますが、れなの「ゆりあの自己紹介のマネ」、はるかの謎の動き、ともかの目隠しお絵描き、もえのスプーンマンなどなど…。そんな中で唯一笑わせられなかったのは、せらちゃんのダジャレでしたw

 

次はゆりあちゃんが得意な早口言葉リレー。つっかえたらケツバットという罰ゲームでしたが、れな・ともかがまさかのケツバットを喰らっていましたw

 

最後はもっと自信を持ってほしいということで、スタッフからのアンケートを紹介。「どんなに慌ただしくても一旦立ち止まって挨拶をしてくれる」「ブログの締め切りによく遅れてしまうが、例え1分でも必ず謝りの連絡を入れてくる」「勉強のためのライヴ見学も皆勤賞」など、しっかり者エピソードが多かったです。

 

ライヴコーナーは4曲披露。

1曲目はAISレパートリーから『スイミング』。サビの歌詞に共感して選んだそうです。

2曲目は『NO RAIN, NO RAINBOW (BABYMETAL)』。大好きなベビメタさんの曲で、よく聴くそうです。ゆりあちゃんの歌声をしっかり聴く機会も普段はなかなか無いですが、想いを込めて歌う姿が観られて良かったです。

3曲目はまゆちゃんと2人で『大きな愛でもてなして(℃-ute)』。これも大好きな℃-uteさんの曲、かつハロヲタな2人で何か歌いたいねということで選んだそうです。個人的にも嬉しい組み合わせでした!

最後はAISレパートリーから『桜並木道』。中学卒業を意識して、という選曲でしょうか。

 

15才の目標は「ポジティブになること」。これからもちっちゃくて、努力家で、汗っかきで、そしてポジティブなゆりあちゃんの姿を観られたらと思います!楽しいイベントでした!

改めて誕生日おめでとう!!

 

 

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー 2017秋〜We are MORNING MUSUME。〜@日本武道館(11/21) レポ

11/21はモーニングの秋ツアーへ行ってきました!記念すべきアニバーサリーイヤーということでいつも以上に楽しみだったツアー、会場もひさびさ武道館で参戦です。工藤遥ちゃんは最後、森戸知沙希ちゃんは初めてのツアーです。

 

開演前からオープニングVTRにかけて流れてたのは『歩いてる』のモチーフ。そして1曲目の『わき愛』になだれ込みます。オープニングのイメージが無い曲ですが、最初に持ってきても安定の盛り上がり。続いてアルバムの新曲『ナルシスカマってちゃん協奏曲第5番』、つんくらしくタイトルがぶっ飛んでますが、曲自体はそんなぶざけてない恋の歌です。『気まプリ』やひさびさの『マンパワー』、『WiL』では小田ちゃんやまーちゃんがメインで光る楽曲群。マンパワーを入れてくるのも20周年ならでは!?わかるなあ〜という気持ちで観てましたw

 

 MC挟んで『邪魔しないで Here We Go!』、アルバム新曲の『CHO DAI』『私のなんにもわかっちゃない』を披露。『CHO DAI』は「ちょ〜だ〜い」のリフレインがクセになる。『わかっちゃない』もやっとこさCD化です。

 

20年分のライヴ映像を振り返るVTRでは、曲に合わせてサイリウムを振るのが楽しかったです。現役メンバーはお披露目の様子も。

それを受けて歌うは『愛の種』。インストは20周年Ver.でしたが、歌うのは現役メンのみ。ずっと昔から聴いてきたこの曲をライヴで聴けるのは、やっぱり嬉しいです。

この次は回替わりコーナーなので、何の曲が来るかなと待っていると…下手側に何やら人影が。

 

『シャボン玉』のイントロが流れ、「愛する人は〜」と歌い出したのは…なんと田中れいな!!思わず「れいなだけー!!」と叫び気を取られていると…目の前の上手側に現れ「愛のシャボンに〜」と歌い出す高橋愛!!また気を取られていると「なのに、どこ行ったんだよー!!」と中央で叫ぶ道重さゆみ!!

自分が一番好きだった時期で思い出深い、今までMVでしか観たことがなかったあの『シャボン玉』を、まさか14年経って生で、オリジナルの歌割で観ることが出来るとは…本当に驚きました。未だに夢なんじゃないかと思うくらい。観られたことが奇跡としか言い様がないです…。

3人+現役で引き続き披露したのは『リゾナントブルー』。これもオリジナルで観るのは初めて。ほぼ愛ちゃん・れいなが歌っていましたが、これもまさか生で観れるとは…!!

続くさゆ・フクちゃんの『好きだな君が』も大歓声!さゆは後のMCで「前に横浜アリーナで歌ったときは足を怪我してて、今日は喉の痛みと戦ってこんな声で…この曲は呪われてるのかなー?って。またリベンジしたいから何年か後にまた付き合ってね」と話してましたw

続いて披露したのは『ロボキッス』。20周年イベと同じくまーどぅーが歌うのかと思えば…現れたのはなんと辻希美!!文字通り、腰が抜けました…。辻ちゃんを生で観るのも初めて、さらに歌って踊る姿を観るとは…本当に、何が起きるか分かりません…感動です。

 

記念コーナーを受けて歌ったのは初披露の新曲『五線譜のたすき』。つんく曲ではありませんが、ゆっくりとしたバラードです。

 

10期のMCもありました。お披露目の挨拶を再現したり、思い出話をしたり。最後であろう4人で立つ姿を観られてよかったです。

 

アルバム新曲の『もう我慢できないわ〜Love ice cream〜』は久々つんく本領発揮の女の子らしい歌詞のロックナンバー。尾形・羽賀・加賀・横山という人選もすごく良いですよね。来年の楽曲大賞に絶対入れたい曲です。

 

メドレー『セクキャ〜君さえ〜A B C D E-cha E-chaしたい〜ワッツアップ〜NATURE IS GOOD〜ビアラ』は全体を通してくどぅメインのパフォーマンス。イチャイチャとかワッツアップとかは懐かしいです。ネイチャーはフリコピの一体感が楽しい。ビアラはこんな良い曲だっけ…と改めて。小田ちゃんがすごくカッコよかった。

 

ラストスパートは『地平本願』から。この曲も何度も動画を観てましたから、現場で聴けて嬉しかったです。

『泡沫』も色々思い出深い曲です。かえでぃーがDJをやってくれたのは本当に嬉しくて。回替わりとはいえ武道館でこのパートを受け継いでくれたのは、グッと来て、すごく泣きました。

『Happy Night』もだいぶ初期の曲ですが、すごく盛り上がって楽しい。これもよく聴いてた曲なのでライヴで聴けて本当に嬉しかったです。

 MCでは何人かが感想を話してくれました。

「武道館は普通に立てる場所ではなくて、先輩方が作った歴史があったからこそ立つことが出来た。武道館は3回目だけど、自分が変われているかすごく考えた。これから娘。の進化の糧になれるように頑張りたい」とMCで感想を述べたかえでぃー。

個人的に印象的だったのは小田ちゃん。「今日も平日なのに、皆さんはお仕事や学校も大変なのに応援してくれる。血も繋がってない子を心から応援してくれてるのは凄いことで、生まれた時にこんな愛を貰えるとは思ってなかったはず。モーニングに入ってからどんどんモーニングが好きになって、自分がそのモーニング娘。になれているか今も心の葛藤がある。たくさん応援を貰ってるので、受けるだけでなく何倍にもして返して皆さんを幸せに出来るような人になりたい」と、時に涙を浮かべながら話す姿はグッときました。

本編ラストは『ここいる』。コール&レスポンスも追加されて更に楽しいここいるでした!

 

アンコール1曲目は『若いんだし!』。現場でパフォーマンスを観ると、改めて良い曲ですね。くどぅもキラキラしてた。新たな卒業の定番になったりするのかな?

 

MCでフクちゃんが「"武道館に当たり前に立てるモーニング娘。"がカッコイイと思う。今までは先輩のおかげで立てていたけど、今は9期が一番上になって、先輩方をゲストとして迎えられるようになったことは心から嬉しい。20年愛されるモーニング娘。が大好き。今の14人で20周年を迎えられて嬉しいです!」と話していました。20周年イベの時は「言葉にならない重みがある」と泣きながら話していましたが、今回はすごく晴れ晴れとした顔をしていました。

 

ラストは『涙ッチ』。9期が2人で歌う姿はすごくかっこよくて頼もしかった。曲中でふざけあう13期の2人も楽しそうでした。大合唱で終われて良かったです!

----------

改めて、自分はモーニング娘。が大好きなんだなぁと感じさせられたツアーでした。自分が小さい頃にテレビで観ていたモーニング娘。も、離れていて後から知った時期のモーニング娘。も、実際にライヴで観ている今のモーニング娘。も、全部好きなんです。今回は20年が全部詰まったツアーで、曲が来るたびに本当に楽しかったです。本当に、奇跡の一夜でした。これからもずっとモーニング娘。が好きでいるんだと思います。

 

娘。最高!!

演劇女子部「僕たち可憐な少年合唱団」@シアターグリーン BOX in BOX THEATER(11/3夜<#組>・11/10<♭組>) 感想

だいぶ遅れましたが、11/3・10で研修生舞台を観てきました。

今回は「僕たち可憐な少年合唱団」のリメイク。前回はDVDでした観たことないので、生で観るのは今回が初めて。劇中音楽はほとんど変わっていましたが、ストーリーやセリフは前回とほとんど変わっていませんでした。内容込みでレポを書くのもアレなので、キャストの研修生1人1人について書いていきたいと思います。

 

まずは#組。

堀江葵月ちゃん(かおる)は舞台経験も豊富。男役の荒っぽさも妙にリアルでかっこよかった。きぃちゃんはキャリアも年齢的にも上になってきましたが、やはり観ていて安心できる存在です。

西田汐里ちゃん(ようこ)は主役級の役が与えられました。去年も「ネガポジポジ」から比べたら大抜擢。今回の舞台ではなんとなく、前回のはまちゃんを思い起こさせる演技でした。♭組公演のいじめっ子役も上品なキャラでしたが、それが汐里ちゃんらしくてよかった。

野口胡桃ちゃん(ひなた)は舞台初挑戦。ひなたの元気っ子キャラがぴったり。最初はおしとやかに見えた野口さんですが、ひなたを演じてるときはホント活き活きしていて、自然体で演技してるように見えました。いじめっ子役でも、関西弁キャラが与えられたのはナイスでしたね。

島倉りかちゃん(ゆりあ)は個人的にも注目していた存在。舞台は初めてです。ゆりあは裏・主人公のような役柄ですが、弱々しいキャラも見事に演じていました。いじめっ子役の中でもメイン級の役柄を与えられたあたり、期待されてるのかなと感じます。歌声もいい声してるし、発表会も含めて今後が楽しみなメンバーです。

#組はチームとしてのまとまりがあったように思えます。舞台経験・未経験が半々ですが、4人みんなフラットに演じていたように見えました。

 

続いて♭組。

前田こころちゃん(ようこ)は納得の人選。グループを引っ張っていく感じがすごくこころちゃんっぽかった。男役・女役の声の切り替えも上手くて、男役は一番ハマっていたように感じます。

金津美月ちゃん(ひなた)は今すごくかわいいなぁと思ってしまったり。表情も豊かで、笑った顔も悲しい顔もすごく上手かった。今回のキャストでもお姉さん組なわけですが、しっかりしてきててホント成長を感じられるメンバーです。

小野琴己ちゃん(かおる)は低い声を活かした役柄がハマり役。ここまで気の強い男役が出来るんだとびっくりしました。ただ本人は普段そんなキャラでもないそうですし、たくさん練習したんだろうなと思わせられました。

山田苺ちゃん(ゆりあ)は♭組唯一の舞台未経験者。弱々しいゆりあの役も入り込んで頑張っていました。貴重なハイトーンボイスは、前回のりこりこを彷彿させます。まだ小学生だということを忘れさせる演技でした。

♭組は1人1人の個性が強いグループでした。研修生らしいといえばそうですが、良いところみせたい!というギラギラ感があったように思えます。

 

扇けいさん(シスター天田)は元タカラジェンヌというだけあって流石の演技力、そして歌がめちゃ上手いです。高橋愛ちゃん(ソフィア)を生で観たのも久々でしたが、やはりオーラがあってカッコいいです。

 

今回観ていて、普段知っている子なだけにホント頑張っているなと、凄く感動しました。特にEDテーマは役から解放される瞬間であり、いつもグッときました。観に行けてよかったです。次の発表会もすごく楽しみです!

AIS定期公演「AIS-Scream vol.18 〜橋本麗愛プロデュース公演「目指せ!アイドルマスター!」〜」@AKIBAカルチャーズ劇場 レポ

11/3はAISの定期公演へ!

今回はリーダー・橋本麗愛ちゃんのプロデュース公演でした。アニメやマンガを愛し、レイヤーという側面も持つ彼女、一体どうなるのか…!?

 

いつもなら影ナレがあるところですが、今回は全員がアイマスキャラのアテレコするという始まり方。後のMCでも言っていましたが、これもれなが性格とか考えて配役を決めたようです。

一曲目から新曲、アイマスの『GO MY WAY!!』。衣装もアイマスに因んだもの。アニメキャラ名義の曲は初めてでしょうか?これが新たな動きになれば、レパートリーの幅も広がりますね。

セトリもれなが選んだもの。MC挟んで、アニソンシリーズということで『Faraway』『ココロのちず』『Over The Future』を披露。こういう"しばり"があるのも新鮮。OTFも定期公演ではあまりやりませんが、楽しい曲ですw

 

企画コーナー「山手線ゲーム」。AISの楽曲、というお題でやっていました。罰ゲームはれにゃあ様のケツバット、せら・ゆりあ・はるかが喰らっていましたw

 

続いてプロデューサー特権ということで、れなの歌割が多い曲シリーズ。『スイミング』『SWEET&TOUGHNESS』『情報』を披露しました。自分も好きな曲、れなメインの曲が多いんだなぁと気づかされましたw

 

後半戦はおはガールシリーズ(?)ということで『こあくまるんです』『こいしょ!!!』。こあくまるんですは前回の新曲ですが、すごくかわいい曲。振りも簡単で、もえ・せらのセリフにキュンキュン。

 

最後の曲は「セトリに入れたいと思ってたし、衣装にも似合いそうだから」ということで『Like a Shooting Star』。また久しぶりな曲です。盛り上げ系が多かっただけに、ラストのこの曲で1つ物語を終えるような…良いエンディングだったと思います。

 

今回のれなは、MCもカミカミなくらい緊張していました。プロデュースなんて簡単に出来ることではありませんし、1つライヴのプロデュースをするというのも責任感は大きかったと思います。

自分は楽しかったです!先入観もありましたが、純粋に楽しかった!この公演のために、たくさん考えてくれたんだなということが伝わってきました。これをきっかけに、他のメンバープロデュースもあれば観てみたいです。

 

定期公演は残り3回、皆様も是非。AISはいいぞ

パンダみっく定期公演@渋谷CLUB CRAWLに行ってきました

10/22はパンダみっくの定期公演へ行ってきました。全く予定していませんでしたが、前夜に急きょ参戦を決めましたw

 

今回から新衣装でした。

ひさびさ『とおりゃんせ』が聴けたり、『世界寿命と最後の一日』や『シンデレラ』でパフォーマンスをゆっくり魅せてくれたり、『ワールドエンドサイレン』『オモカゲプラスティック』などなど沢山の曲で盛り上げたり。相変わらず盛りだくさんな内容で楽しかったです。

今回初披露となった『ヒズムリアリズム』とリアレンジver.は、EDM調にアレンジされ振り付けもところどころ変わっている。ハローでいう娘。のupdatedアルバムのような、新たな曲に生まれ変わりました。

 

今回目を引いたのは横澤星流ちゃん。アイドル劇場のときも思いましたが、ダンスが意外と上手い。特に『世界寿命』のダンスは素晴らしかったです。

 

台風接近の中でしたが、全く忘れさせてくれる楽しいライヴでした!