かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

OH MY GIRL "Fanmeeting 2018〜秘密庭園 in Japan"@TSUTAYA O-EAST レポ

4/26はなんとK-POPの現場へ。

今回観に行ったのはOH MY GIRL。2015年デビューの7人組です。K-POPのガールズグループというと今はTWICEやBLACKPINK辺りが有名だと思いますが、オマゴルはそれらグループと同世代に結成されたグループになります。落ち着いた雰囲気の楽曲が多いのが特徴で、個人的にもそこが好きという理由でハマりました。

 

今回は『Secret Garden』というアルバムの発売記念で行われたイベントでした。入場プレゼントとしてCDも配られるお得イベント。平日にも関わらず1000人くらいは来てたでしょうか。

アルバムの収録曲『Love O'clock』、そして表題曲『Secret Garden』を披露しスタートしました。引き続きアルバム曲『Butterfly』や既存曲の『B612』はクラップしながらラフに聴ける曲で、手を振ったりファンとのコミュニケーションも楽しい時間に。『Magic』ではクールな1面を魅せつつ、『One step, Two Steps』はオマゴルらしい明るいパフォーマンス。ダンスが激しい『Windy day』は個人的にも好きな曲で、聴けて・観れてホント嬉しかった。4/20がデビュー記念日ということで、デビュー曲『CUPID』も披露してくれました。本編ラストは『CLOSER』。オマゴルにハマったきっかけの曲です。あのパフォーマンスを観られているんだと、感激しきりでした。

アンコールでは最新アルバムから『It is Said』『BANANA ALLERGY MONKEY』を披露。これらアルバムはユニットで分かれていて、今までのオマゴルとはまた違うコンセプトの曲たちになっています。

MCコーナーでは自己紹介やフリートーク、「箱の中身は何だろなゲーム」「お絵かき伝言ゲーム」とベタなこともやっていたのですが、リアクションなんかがやはり新鮮で、堪能な日本語でたくさん喋ってくれたり、観ていて楽しかったです。

イベント終了後は入場プレゼントのCDに手作りスタンプを押してくれる特典会も。一人一人と会話も出来て、みんな日本語で返してくれるのも嬉しかったですね。

 

メンバーそれぞれの印象を書いてみます。

ヒョジョンは最年長でリーダー、だけど一番小さい。優しい笑顔が印象的(キャンディ・リーダーと呼ばれているそう)。オマゴルのファン「ミラクル」に向けた歌も素敵でした。

ミミはラップ担当。本人曰く「オマゴルの35億」、甘い物が大好きなんてお茶目な部分もありつつ、ラップやヒップホップダンスが本当に上手い。ラップしている声も表情は最高にかっこいいです。

ユアはお人形みたいな美人さん。本当に綺麗で可愛いんです。『CLOSER』でのユアちゃんは神秘的で惹かれます。

スンヒはオマゴルの歌姫。特別に美人じゃないけど、愛嬌があって可愛い。日本語の話し方も元気いっぱい。だけどコメントをすれば誰よりも情熱を持っているように思える素晴らしい感性の持ち主。

ジホはおしとやかに見えて意外とおしゃべり。そして日本語がかなり上手く丁寧(MCの方曰く「歩く尊敬語」)ということで、メンバーの通訳をする場面も。今回は足を怪我していて座ってのパフォーマンスでしたが、それでも素晴らしかった。

ビニは直感で可愛い!と思える美少女。パフォーマンス中の表情も完璧で、アイドルらしいなあと思うメンバーでした。MCも誰よりもガツガツで面白かった。

アリンは最年少。日本語はあまりわからなかったみたい。パフォーマンスではクールな雰囲気を醸し出すのが上手くて、その様は女神のようでした。

 

初めてのK-POP現場、まさか行けるとは…という感覚でした。1曲目で「わぁ、ホンモノだ…!」と自然と涙が流れていましたが、そういう感情にさせられるだけの存在感があるのです。

普段行かないような現場でしたが、新鮮な気持ちもいっぱい、嬉しさもいっぱいでした。

 

最後にジホちゃんがいいことを言っていたので、みなさまにシェアしますね。

「私が生きてると感じるときは幸せなとき。今日は本当に幸せでした。皆さんもつらいこと・悲しいこともあるけど、この幸せな時間を思い出して幸せになってほしい。」

オマゴルに出会えたことはミラクル!素晴らしい時間でした。ありがとうございました!カムサヘヨ!