かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー 2018春〜We are MORNING MUSUME。〜@日本武道館(6/19) レポ

6/19はモーニング娘。の春ツアーへ。前回から引き続き、20周年記念ツアーということでした。

 

1曲目は最新曲『A gonna』。つんくらしいつんく曲というか、不思議な曲ですw

続いてアルバム曲で秋ツアーで披露がなかった『ロマンスに目覚める妄想女子の歌』を初披露。可愛らしいながらも疾走感のある曲で、盛り上げ曲になりそうです。そして『Fantasyが始まる』『青春Say A-HA』『パスゼロ』と既存の盛り上げ曲を連発。

 

オープニングVは年々クオリティが上がってて見るのをいつも楽しみにしてますが、今回は『花が咲く 太陽浴びて』のモチーフでそのまま同曲に繋がる演出がすごく良かった。ひさびさフル披露の『Help me!!』も嬉しく、Bメロの小田ちゃんは完全に自分の世界に染め上げる見事なパフォーマンス。『愛の軍団』も最近よくやりますが、知ってるだけ盛り上げやすいというのも有り難かったりw

 

20周年記念コーナーは『モーコー』の20thバージョンから始めます。今回はユニット曲メドレーとして少人数曲だけを集めた嬉しいセトリ。『シャニムニ パラダイス(小田・羽賀・加賀・森戸)』や『レモン色とミルクティ(譜久村・尾形・牧野・羽賀・加賀・横山)』が聴けたのはホント嬉しかったなぁ。『トキメクトキメケ(譜久村・生田・飯窪・石田)』も定番曲ですが安定の盛り上がり。『INDIGO BLUE LOVE(小田・野中・森戸)』はまだ不器用さ残るちぃちゃん・完全に自分のものにした小田ちゃん・そしてこのツアーで急に仕上がりの良さを感じられた野中ちゃんというバランスが絶妙。『坊や(譜久村・飯窪・佐藤・尾形・牧野)』や『大人になれば 大人になれる(生田・石田・佐藤・野中・横山)』は現場で聴くのは意外と初めてで、やっと聴けた〜という感覚。『大人になれば〜』は発表から4年経ってるわけで、音源しか聴いてなかった身としては、大人になってファンキーになった歌声(特にまーちゃん)によりビックリしたり。それぞれ卒業メンの穴を埋める12期・13期もナイス人選でした。

 

そして『メモ青』『マナコー』『恋ダン』『ラブマ』『ピ〜ス』『恋レボ』というベストオブベストな曲たちを続けて披露。この並びこそ世間に知れ渡るモーニング娘。なわけで、ヲタからみたらベタな選曲でも分かりやすく楽しい!と感じられました。

 

MCでは翌日に卒業を控えた尾形春水ちゃんの持ち込み企画。今までの恥ずかし〜いプライベート動画を大公開という面白いコーナーでしたw

MC明けでは『なんにも言わずにI LOVE YOU』を披露。モーニングでも屈指の名バラード、改めて、すごく感動させられました。

 

メドレーは20周年記念カフェでのアンケートを基に、盛り上げ曲人気トップ5をやるというもの。『123』『泡沫』『わき愛』『みかん』『WiL』という超豪華、そして超盛り上がるメドレーで汗だくになりました。メンバーも「こんなメドレー作ったの誰だよ〜」と言ってしまうくらい、隙のないメドレーでしたw

 

後半戦は『セクボ』『アンビ』そして『ラヴピ』という青空期の定番曲で攻める!こういうセトリもなかなかなかったのでホント嬉しいし楽しかった!

本編最後は『ジェラジェラ』でファンキーに〆。

 

アンコールではなんと超ご無沙汰『卒業旅行〜モーニング娘。旅立つ人に贈る唄〜』 を披露。1番ははーちんソロ、2番以降は全員でしたが、「和気あいあいな感じの娘。'18にぴったり」とはーちんが選曲してくれたようです。

最新曲『Are you Happy?』は現場で聴くと超かっこいい、これも盛り上げ曲に昇華しそうです。

そしてラストは『青空がいつまでも続くような未来であれ!』。本当に楽しい。手振ったり合唱したり(青空トレインは今回ありませんでしたがw)あんなに一つになれる曲も無いと思う。もう一度書きますが、本当に楽しかった。

----------

改めてモーニング娘。の曲ってホント好きだな、というのが素直な感想です。かえでぃーもMCで言っていましたが、色んなジャンルの曲をモーニング娘。は20年歌ってきてくれたんです。そんな大好きな曲たちに囲まれたこの一連のツアーは本当にたまらない内容で、モーニング娘。を好きが増しましたね。今回の「娘。最高」コールもいつにも増して強く言ってしまうくらい、本当に娘。最高と思えたコンサートでした。

改めて、20周年おめでとうございます。そして、20年モーニング娘。が在り続けてくれて、ホントにありがとう!!