かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

AIS-Carnival vol.2 〜アコースティックで結成2周年〜@AKIBAカルチャーズ劇場 レポ

5/5はAIS結成2周年公演ということで、懐かしの?いつもの?カルチャーズ劇場へ!

今回はアコースティックライブをやるということが告知されており、どんな公演になるか興味深かったです。

 

初めはいつも通りオケにのせて『Luvly,Merry-Go-Round』『マーチングマーチ』『Faraway』を披露。今回はガールスカウト衣装で、髪型も自由で仕上げてきたなーってくらいみんな可愛かったんです。メンバーカラーも良いアクセントになってきました。

 

アコースティックコーナーは炭竃智弘さんのピアノにのせて、ピアノ伴奏が似合う『キャプテンは君だ!』『Like a Shooting star』、オシャレにアレンジされた『ZETTAI』、悲壮感漂うイントロが印象的な『ALL THE THINGS SHE SAID』を披露。伴奏はピアノしかないので、いつも以上に一人一人を意識しながら観ていられました。れなの低い声、まゆの高く細い声、もえのちょっとハスキーな声、ゆりあの中性的で安定したな声、ともかの透明感ある声、はるかのソウルフルな声、せらの幼さ残る声。改めてそれぞれの声の個性に気づくんですよね。それらが織り成すハーモニーも美しくて。目を閉じても世界に浸れる、本当に素敵な時間だったと思います。

アコースティック用に用意した新曲は森高千里カバー『雨』。世界観がしっかり確立された美しいパフォーマンスでした。せらちゃんの鍵盤ハーモニカも切なげで良かった。

 

アコースティックコーナーが終わって、再びオケにのせて『ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)』『こあくまるんです』、公演シリーズのテーマ曲とも言うべき『愛のナースカーニバル』『パンピナッ!』を披露し本編終了となりました。

 

アンコールは『GO MY WAY!!』。MCでは2周年を迎えて、2年で変わったことを話してくれました。はるか「ダンスが好きになった」まゆ「忍耐力がついた」ゆりあ「ステージで表現することが好きになった」もえ「身長がのびて自信がついた」せら「音楽が好きになった」ともか「外に出るようになった」れな「人と話すのが好きになった、歌もマシになった」。みなそれぞれですが、自分自身が成長できたと感じられることは本当に良いことだと思うんですよね。だからなのか、みんな自信持ててるんです。メンバーカラーもそうですが、一人一人が鮮やかに輝いている、そんな印象を受けたAISの2周年でした。