かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

つばきファクトリー ワンマンLIVE 〜First Blossom〜@ディファ有明 レポ

2/22はつばきの初ワンマンライブへ。つばき現場はかなーり久々でした!

会場のディファ有明は一年前の同じ日にメジャーデビューイベントをやった場所。今回はワンマンライブということで、ステージも豪華になって同じ場所に戻ってこれたのは嬉しかったですね。

 

 1曲目は『I Need You〜夜空の観覧車〜』。あんみぃのセリフから始まる曲で、セリフ担当が一人ずつ出てくる演出でした(あんみぃはめっちゃ緊張したらしい)。世界観がすごく美しい曲。続いて『うるわしのカメリア』。こちらはクラップもしながらですが、ブチ上げスタイルではなくしっとり始まる感じも、つばきらしかったです。

 

自己紹介MC挟んで、『就活センセーション』『Just Try!』『気高く咲き誇れ!』『春恋歌』を続けて披露。就活は恥ずかしながら現場では初めてでしたが、一緒におじきしながらだと楽しい。ジャストラや気高くは沢山聴いただけあってテンションも上がります。花つながり?で春恋歌を続けてきたのも良かったですね。これもつばきらしい曲で好きです。

 

コーナーMC「キャメリアルーレット」。希空・瑞歩ちゃん・まおぴんが代表で、プレゼントが貰える企画。

まおぴんは豪華なフルーツセットが当たりました。

希空は「ファンの声援独り占め権」ということで、水色に染まる会場でヒューヒュー言われる羨ましいご褒美。

瑞歩ちゃんは「あの人からお祝いVTR」。誰かと思えば、清水佐紀ちゃんでした。舞台のため現地で観れないということで、一通りお祝いを述べた後「ここで皆さんにお知らせがあります」と意味ありげな展開。ここでファーストライブツアーのサプライズ発表がありました!「ずっとツアーやりたかった」と瑞歩ちゃんも感極まっていました。

 

新曲『雪のプラネタリウム』を初披露。追加メンバー3人がメインで、瑞歩ちゃんセンター。こう3人ばかりで歌う曲も無かったので嬉しいし、3人にとっては新たな挑戦になるのかな、と感じる曲。

続けて『私がオバさんになっても』『17才』『キャベツ白書〜春編〜』とカバー曲を披露。わたオバはやっぱり盛り上がって楽しい。17才は未だに6人時代をよく思い出します。キャベツ白書は階段を使うなどワンマンライブならではの演出。

 

 MC「キャメリア舞台裏どうでもいいニュースBEST3」。

3位は「岸本ゆめの忘れ物多すぎ事件」。地方への移動のとき網棚によく荷物を置いてきてしまうそうです。福岡でのハロコンのときはタクシーに携帯を忘れたそう。

2位は「新沼希空パジャマで会場入り事件」。上の服と似合ってて、下がパジャマだと気づかなかったらしい。

1位は「天津飯事件」。こちらは以前も話していた有名なエピソードですね(こちらを参照)。なかなか白熱したMCで、りさまる「ご飯の話ばっかしてるの誰?」樹々ちゃん「きき話してないそんなに!」とお約束の掛け合いも(DマガVol.2を参照)。

番外編「樹々ちゃん心霊現象事件」。夜中にノックされても誰も居なくてマネに電話してしまったものの、実はあんみぃとゆめのの仕業だったというかわいいエピソードでしたw

 

後半戦は『低温火傷』『ハナモヨウ』で盛り上げ。どちらもコールが定着して楽しかったですね。

最後の曲は「これからも笑顔を届けられるように」ということで『笑って』を披露。ほんとうに大好きな曲ながら、現場で聴くのは初めて。改めて良い曲だなあと感じましたね。。

 

つばきコールを受けてアンコール。一人一人ライブを振り返ります。

「去年メジャーデビューしてから沢山の人と出会って、メンバーともファンの皆さんとも距離が縮まった」と感極る瑞歩ちゃん。対して新曲3曲のみの参加となった樹々ちゃんは「次こそは全曲参加できるように」と悔し涙。1年前と同じように涙を浮かべながら「泣いてない!」と強がるあんみぃ。「末っ子グループでまだまだ未熟者だけど、ハロプロを引っ張っていけるグループになりたい」とりこりこ。

 

最後の曲は『初恋サンライズ』。今や大定番、たくさん聴いてきたからこそ惰性になりがちですが…この曲はいつもメンバーが楽しそうなんですよね。それを受けてかどんどん熱気が上がってるのが伝わってきて、すごくライブらしかった。ほんとうに良いパフォーマンスでした。

 

終演後は握手会があり、みんなに一言声かけられたのも嬉しかったですね。

 

久々ながら、やっぱり9人の顔を見ると安心するんです。でも久々だから、こんな大きかった!?こんなしっかりしてた!?なんて驚きもあったり。

今のつばきは9人ともすごく輝いてます。その輝いている姿をたくさん見ていけたら、と改めて感じたワンマンライブでした!