かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー 2017秋〜We are MORNING MUSUME。〜@日本武道館(11/21) レポ

11/21はモーニングの秋ツアーへ行ってきました!記念すべきアニバーサリーイヤーということでいつも以上に楽しみだったツアー、会場もひさびさ武道館で参戦です。工藤遥ちゃんは最後、森戸知沙希ちゃんは初めてのツアーです。

 

開演前からオープニングVTRにかけて流れてたのは『歩いてる』のモチーフ。そして1曲目の『わき愛』になだれ込みます。オープニングのイメージが無い曲ですが、最初に持ってきても安定の盛り上がり。続いてアルバムの新曲『ナルシスカマってちゃん協奏曲第5番』、つんくらしくタイトルがぶっ飛んでますが、曲自体はそんなぶざけてない恋の歌です。『気まプリ』やひさびさの『マンパワー』、『WiL』では小田ちゃんやまーちゃんがメインで光る楽曲群。マンパワーを入れてくるのも20周年ならでは!?わかるなあ〜という気持ちで観てましたw

 

 MC挟んで『邪魔しないで Here We Go!』、アルバム新曲の『CHO DAI』『私のなんにもわかっちゃない』を披露。『CHO DAI』は「ちょ〜だ〜い」のリフレインがクセになる。『わかっちゃない』もやっとこさCD化です。

 

20年分のライヴ映像を振り返るVTRでは、曲に合わせてサイリウムを振るのが楽しかったです。現役メンバーはお披露目の様子も。

それを受けて歌うは『愛の種』。インストは20周年Ver.でしたが、歌うのは現役メンのみ。ずっと昔から聴いてきたこの曲をライヴで聴けるのは、やっぱり嬉しいです。

この次は回替わりコーナーなので、何の曲が来るかなと待っていると…下手側に何やら人影が。

 

『シャボン玉』のイントロが流れ、「愛する人は〜」と歌い出したのは…なんと田中れいな!!思わず「れいなだけー!!」と叫び気を取られていると…目の前の上手側に現れ「愛のシャボンに〜」と歌い出す高橋愛!!また気を取られていると「なのに、どこ行ったんだよー!!」と中央で叫ぶ道重さゆみ!!

自分が一番好きだった時期で思い出深い、今までMVでしか観たことがなかったあの『シャボン玉』を、まさか14年経って生で、オリジナルの歌割で観ることが出来るとは…本当に驚きました。未だに夢なんじゃないかと思うくらい。観られたことが奇跡としか言い様がないです…。

3人+現役で引き続き披露したのは『リゾナントブルー』。これもオリジナルで観るのは初めて。ほぼ愛ちゃん・れいなが歌っていましたが、これもまさか生で観れるとは…!!

続くさゆ・フクちゃんの『好きだな君が』も大歓声!さゆは後のMCで「前に横浜アリーナで歌ったときは足を怪我してて、今日は喉の痛みと戦ってこんな声で…この曲は呪われてるのかなー?って。またリベンジしたいから何年か後にまた付き合ってね」と話してましたw

続いて披露したのは『ロボキッス』。20周年イベと同じくまーどぅーが歌うのかと思えば…現れたのはなんと辻希美!!文字通り、腰が抜けました…。辻ちゃんを生で観るのも初めて、さらに歌って踊る姿を観るとは…本当に、何が起きるか分かりません…感動です。

 

記念コーナーを受けて歌ったのは初披露の新曲『五線譜のたすき』。つんく曲ではありませんが、ゆっくりとしたバラードです。

 

10期のMCもありました。お披露目の挨拶を再現したり、思い出話をしたり。最後であろう4人で立つ姿を観られてよかったです。

 

アルバム新曲の『もう我慢できないわ〜Love ice cream〜』は久々つんく本領発揮の女の子らしい歌詞のロックナンバー。尾形・羽賀・加賀・横山という人選もすごく良いですよね。来年の楽曲大賞に絶対入れたい曲です。

 

メドレー『セクキャ〜君さえ〜A B C D E-cha E-chaしたい〜ワッツアップ〜NATURE IS GOOD〜ビアラ』は全体を通してくどぅメインのパフォーマンス。イチャイチャとかワッツアップとかは懐かしいです。ネイチャーはフリコピの一体感が楽しい。ビアラはこんな良い曲だっけ…と改めて。小田ちゃんがすごくカッコよかった。

 

ラストスパートは『地平本願』から。この曲も何度も動画を観てましたから、現場で聴けて嬉しかったです。

『泡沫』も色々思い出深い曲です。かえでぃーがDJをやってくれたのは本当に嬉しくて。回替わりとはいえ武道館でこのパートを受け継いでくれたのは、グッと来て、すごく泣きました。

『Happy Night』もだいぶ初期の曲ですが、すごく盛り上がって楽しい。これもよく聴いてた曲なのでライヴで聴けて本当に嬉しかったです。

 MCでは何人かが感想を話してくれました。

「武道館は普通に立てる場所ではなくて、先輩方が作った歴史があったからこそ立つことが出来た。武道館は3回目だけど、自分が変われているかすごく考えた。これから娘。の進化の糧になれるように頑張りたい」とMCで感想を述べたかえでぃー。

個人的に印象的だったのは小田ちゃん。「今日も平日なのに、皆さんはお仕事や学校も大変なのに応援してくれる。血も繋がってない子を心から応援してくれてるのは凄いことで、生まれた時にこんな愛を貰えるとは思ってなかったはず。モーニングに入ってからどんどんモーニングが好きになって、自分がそのモーニング娘。になれているか今も心の葛藤がある。たくさん応援を貰ってるので、受けるだけでなく何倍にもして返して皆さんを幸せに出来るような人になりたい」と、時に涙を浮かべながら話す姿はグッときました。

本編ラストは『ここいる』。コール&レスポンスも追加されて更に楽しいここいるでした!

 

アンコール1曲目は『若いんだし!』。現場でパフォーマンスを観ると、改めて良い曲ですね。くどぅもキラキラしてた。新たな卒業の定番になったりするのかな?

 

MCでフクちゃんが「"武道館に当たり前に立てるモーニング娘。"がカッコイイと思う。今までは先輩のおかげで立てていたけど、今は9期が一番上になって、先輩方をゲストとして迎えられるようになったことは心から嬉しい。20年愛されるモーニング娘。が大好き。今の14人で20周年を迎えられて嬉しいです!」と話していました。20周年イベの時は「言葉にならない重みがある」と泣きながら話していましたが、今回はすごく晴れ晴れとした顔をしていました。

 

ラストは『涙ッチ』。9期が2人で歌う姿はすごくかっこよくて頼もしかった。曲中でふざけあう13期の2人も楽しそうでした。大合唱で終われて良かったです!

----------

改めて、自分はモーニング娘。が大好きなんだなぁと感じさせられたツアーでした。自分が小さい頃にテレビで観ていたモーニング娘。も、離れていて後から知った時期のモーニング娘。も、実際にライヴで観ている今のモーニング娘。も、全部好きなんです。今回は20年が全部詰まったツアーで、曲が来るたびに本当に楽しかったです。本当に、奇跡の一夜でした。これからもずっとモーニング娘。が好きでいるんだと思います。

 

娘。最高!!