読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

Hello! Project 研修生発表会2016 ~春の公開実力診断テスト~@中野サンプラザ レポ前編

ハロプロ研修生 こぶしファクトリー つばきファクトリー
GWといえば中野、GWといえば実力診断テスト。
ということで、毎年恒例となりました研修生の実力診断テストに行ってきました〜

研修生現場はいつも後ろのほうで観てるんですが、今回は運良く一桁列で観れて、もう、ありがたや〜ありがとう〜という気持ちですw

とりあえず、いつも通りにレポ書きます。

1. Say! Hello!
研修生現場ではご無沙汰だったセイハローからスタート。研修生はハロコンのお下がり衣装、こぶしはツアー衣装、つばきはキャベツ白書衣装でした。ダンスバトルはあやぱん・りこりこ!

いつもの如く出演者紹介。その後、熊本地震へのお見舞いコメントがありました。
こぶつばメンも実力診断の思い出を語ったり、現役研修生にエールを送っていました。

2. 私がオバさんになっても
またまた来ました、つばきのカバーシリーズ!今回は森高千里の誰もが知る名曲をカバーです!
アレンジは「17才」同様、新しくリアレンジされてます。歌割も細かく割り振られてました。そして何より、めちゃくちゃ盛り上がる!PPPHあり、マワリあり、いろいろ盛り上がれる要素は詰め込まれています。つばきの代表曲になる可能性は十分にあります!

3. 桜ナイトフィーバー
この曲は相変わらず…なんですが、こぶしはツアーの合間を縫ってパフォーマンスしてるせいか、勢いが違うなぁと。
間奏で「オーオーオオー」と合唱させたり、前聴いたときとはまた違った桜ナイトフィーバーに進化してました。

今年もコーナーMCはアラケン、審査員はまこと・みつばちまき先生・上野まり子先生・橋本慎さん、そしてゲスト審査員として清水佐紀ちゃんと熊井友理奈ちゃんが参加!キャプは久々のステージに落ち着かない様子でしたw

4. カラダだけが大人になったんじゃない/秋山眞緒
トップバッターはまおぴん!例年トップバッターはとてつもなく緊張している印象ですが、まおぴんはとてもピンピンしてましたw
去年は初ステージだったので比べるべきか、というのもありますが…歌もダンスもうまくなってました。特にダンスは自己流の振り付けも取り入れて、しなやかで良かったです。

5. Moonlight night〜月夜の晩だよ〜/高瀬くるみ
まさか…とは思っていたが、ホントにウサミミをつけて登場!バッキバキのダンスを魅せつけてくれました。「ドレスをまとい~」の部分は特に見事な歌声で、まり子先生も「すごく良い裏声を持っていて、それを披露できる良い選曲だった」と喜んでいました。
選曲については娘。の帯同の時に決めたそうです。そして最近くるみちゃんは背が低いことに悩んでいるそうですw

6. 赤いフリージア/小野琴己
ことめろちゃんは何となく覚醒するんじゃないかな、と期待してたメンバーです。しかしそんなことはなく、研修生"らしい"パフォーマンスで、ほのぼのしてました。さゆーじあよりは全然上手かったですよw
橋本さんも「伸びしろがある」と言っていたように、こう素直な歌を歌っただけに、これからどのように成長していくかが楽しみだなと思います。
まき先生曰く、「普段レッスンで目が合わないのに、今日は目が合った気がする」。

ひかるんは黒い大人っぽい衣装で勝負。振りもセクシーかつ着実に踊っていました。ひかるんはもともと大人っぽいルックスですが、最近になって急激に大人っぽさが増しているように感じます。まり子先生も「普段のレッスンとは全く違った一面が見れた」と話していました。
真似したメンバーは清水さんとのことで、本人にもコメントをもらっていました。

8. 夢見る 15歳/児玉咲子
明転した瞬間、"これはヤバイ"と思った…。
無数のトマトが飾り付けられた真っ赤なドレス、ヘタを模った髪飾り…実力診断テスト史上最も派手な衣装だったと思います。
咲子ちゃんは25期の中でも中性的な存在かなと思っていただけに、衝撃もひとしお。
とにかく衣装のことで頭がいっぱいですが、「みなさーん!リコピン星人がやってきましたー!」と元気よく始まり、サビ前で「ご一緒に!」と煽ったり。彼女はロコドル出身ですが、その時に培われたであろう、秘めたる魂が溢れんばかりに発揮されたステージだったと思います。
まき先生も「えー、あー、いま頭の中がぐちゃぐちゃになってます」と困惑気味、トマト嫌いで有名なくまいちょーは「衣装をお母様が作ったと聞いて言いにくいんですが、私トマトが嫌いなんです!なんでトマトにしちゃったんだろう、リンゴとか他の果物とかにすればよかったのに…と思いました」とコメントw
まことは「新勢力とベテラン組が…」とまた良くわからないことを言ってましたw

個人的に25期の中でもよく分かってなかった野口さんですが、ダンスが上手い。ただし歌はまだ未完成。身長も高くて大人っぽい野口さんですが、関西弁全開で思いの丈を喋るギャップがまた面白い。
「いやー、そういうことなんですねぇ」と切り出すまこと。「キャリアが浅い分、失うものがない。野口さんは、どこかバイオリニスト・高嶋ちさ子のようなポイズンを持っている」とコメントw

かえでぃーは白いワンピースで可愛いバラード曲という"キャピでぃー"路線で勝負!ステージもうまく使って、安定した歌を聴かせてくれました。ホントにホントに、とても可愛かった。今までで一番可愛かった。
例年すごく緊張しているかえでぃーですが、今年は本人が「あまり緊張してなかった」と語ったように、とても余裕があるように見えました。強くなりましたね。
まり子先生も「やわらかかえでぃー」と表現し、チャレンジにをべた褒め。

11. SHOCK!/前田こころ
今年のこころちゃんはやはり攻めてきました。確かな実力で真っ向から勝負してきたな、と思います。個人的に見たかった彼女のクール路線の究極とも取れます。まき先生も「良い一年を過ごしたと思う」とコメント。
終わった後には涙が。特筆すべきは、ステージ上で涙したメンバー、こころちゃんが初めてだったということです。

12. 愛しく苦しいこの夜に/笠原桃奈
ノースリーブの白いデニムにホットパンツ、片方に流した長い黒髪。ああ、自分のこと"わかってる"なぁと一番感じたメンバーです。雰囲気がとても中学校入りたてとは思えないくらい、色気がありました。
まことも「見違えました。僕の中では、ジブリ的な、里山に出てきそうなイメージだったのが、今日は都会的で」とコメント。

13. 渡良瀬橋/小野田紗栞
さおりんはバラードで勝負です。去年の実力診断からずっと"大声合戦"になっていると気になっていた歌ですが、今回はしっとり丁寧に歌い上げていました。とても良くなっていました。
途中でれいれいがステージ上へ。何かと思えば、曲中でリコーダーを吹くためのアシスタントでした。さおりんがリコーダーを吹く姿も、微笑ましかったですw
白いワンピースに茶色いベルト、これもリコーダーをイメージしたとのこと。

14. The 摩天楼ショー/米村姫良々
とっても小さくてかわいらしい小学6年生のきらら。正直ナメてましたが、すごく着実に踊っていて、歌も意外と安定して歌えていました。ホントにハローが好きでここまで来たんだなぁ、と実感しました。
どんな質問にも「はいっ!」「はいっ!」「へいっ!」と答える姿も可愛らしかったです。身長は134cm(!)とのことで、くまいちょーは「すくすく伸びると思う、待ってるよ」とコメントw

真打登場じゃないですが…今年の瑠々ちゃんはドストレートに定番曲で勝負です。安定の歌、安定のダンス、ただ安心してみていられるステージでした。
ただし、まき先生も「もう一花咲かせてほしかった」と言ったように、パンチが足りなかったのも正直な感想。瑠々ちゃんが持っている素材を生かして、もっと新しいジャンルへ踏み込んでいってほしいと思っています。

後編へ続く