かのでぃー備忘録

ハロヲタのひとりごと。研修生の話題多め。Twitter→@kanodi_

アリエルプロジェクトのこと

3/2は対バン@渋谷SPACE ODD、3/3はリリイベ@新星堂池袋サンシャインアルタ店でアリエルプロジェクトを観てきました。

 

アリエルプロジェクトは香港発の6人組アイドルグループ。香港を拠点にしながらも、日本式のアイドルをやるという珍しいグループです。メンバーも全員香港出身ながら、日本語で歌ったりMCしたりと、言われなければと分からないほどトコトン日本文化にこだわっています。

2016年に4人(あおい・せいな・ひなこ・ななみ)で結成し、昨年2人(みどり・ゆら)が加入し6人となったようです。ななみちゃんは日本で留学をしていて、それ以外の5人は香港と日本を行き来して活動しています。特に新メンバー2人は現地での学業優先で、日本での活動は4人になることが多いみたいです。

 

そもそも何故このグループに出会ったのかというと、1/28に行われたAIS目当ての対バン@フジさんのヨコに出演していたからなんですね。最初はこのグループ何ぞや?みたいな印象でしたが、観ていくうちにどんどん引き込まれていった感覚です。

 

先述しましたが、香港出身ながらオール日本語でステージをこなしています。みんなすごく日本語が上手いんですよね、それでいて日本語で歌うのも本当に上手い。ステージを観ていても日本文化をリスペクトしてくれていることが伝わってくるんです。我々日本人が当たり前すぎて気づかないことも、改めて気づかせてくれる。

物販も日本語で話してくれるし、SHOWROOMでも日本の曲を歌ってたり。そのためにもたくさん勉強しただろうし、そこまでして日本で活動してくれていることに胸が熱くなるんですよね。両国を行き来している都合上、日本での現場も仕方なく少なめなのですが、そのぶん一つ一つのステージを大切にしている印象を受けます。

 

3/3はシングル『桜色メモリー』の発売日。デビューから2年、初めてのCDリリースとなりました。また6人での日本での活動も初めてだったそうです。

香港で日本のアイドルをやろう!という難しいコンセプトながら、それをしっかり形にしていることが凄い。そして着実に活動出来ているのもまた凄い。何度もですが、メンバーもスタッフさんも夢や覚悟を抱えて日本に来てくれていると思うんです。だからこそ、結果がついて来てほしいなって。純粋に「応援していきたい」と思わせてくれるグループに出会えたと思います。

 

この先の日本での活動は暫く未定とのこと、でも月イチペースでは来てくれるみたいです。まさに「可能せいっぱい」なアリエルプロジェクト、これからの活動もほんとうに楽しみです。

 

 arielprojectofficial

 

 

桜色メモリー

桜色メモリー

 

 

 

つばきファクトリー ワンマンLIVE 〜First Blossom〜@ディファ有明 レポ

2/22はつばきの初ワンマンライブへ。つばき現場はかなーり久々でした!

会場のディファ有明は一年前の同じ日にメジャーデビューイベントをやった場所。今回はワンマンライブということで、ステージも豪華になって同じ場所に戻ってこれたのは嬉しかったですね。

 

 1曲目は『I Need You〜夜空の観覧車〜』。あんみぃのセリフから始まる曲で、セリフ担当が一人ずつ出てくる演出でした(あんみぃはめっちゃ緊張したらしい)。世界観がすごく美しい曲。続いて『うるわしのカメリア』。こちらはクラップもしながらですが、ブチ上げスタイルではなくしっとり始まる感じも、つばきらしかったです。

 

自己紹介MC挟んで、『就活センセーション』『Just Try!』『気高く咲き誇れ!』『春恋歌』を続けて披露。就活は恥ずかしながら現場では初めてでしたが、一緒におじきしながらだと楽しい。ジャストラや気高くは沢山聴いただけあってテンションも上がります。花つながり?で春恋歌を続けてきたのも良かったですね。これもつばきらしい曲で好きです。

 

コーナーMC「キャメリアルーレット」。希空・瑞歩ちゃん・まおぴんが代表で、プレゼントが貰える企画。

まおぴんは豪華なフルーツセットが当たりました。

希空は「ファンの声援独り占め権」ということで、水色に染まる会場でヒューヒュー言われる羨ましいご褒美。

瑞歩ちゃんは「あの人からお祝いVTR」。誰かと思えば、清水佐紀ちゃんでした。舞台のため現地で観れないということで、一通りお祝いを述べた後「ここで皆さんにお知らせがあります」と意味ありげな展開。ここでファーストライブツアーのサプライズ発表がありました!「ずっとツアーやりたかった」と瑞歩ちゃんも感極まっていました。

 

新曲『雪のプラネタリウム』を初披露。追加メンバー3人がメインで、瑞歩ちゃんセンター。こう3人ばかりで歌う曲も無かったので嬉しいし、3人にとっては新たな挑戦になるのかな、と感じる曲。

続けて『私がオバさんになっても』『17才』『キャベツ白書〜春編〜』とカバー曲を披露。わたオバはやっぱり盛り上がって楽しい。17才は未だに6人時代をよく思い出します。キャベツ白書は階段を使うなどワンマンライブならではの演出。

 

 MC「キャメリア舞台裏どうでもいいニュースBEST3」。

3位は「岸本ゆめの忘れ物多すぎ事件」。地方への移動のとき網棚によく荷物を置いてきてしまうそうです。福岡でのハロコンのときはタクシーに携帯を忘れたそう。

2位は「新沼希空パジャマで会場入り事件」。上の服と似合ってて、下がパジャマだと気づかなかったらしい。

1位は「天津飯事件」。こちらは以前も話していた有名なエピソードですね(こちらを参照)。なかなか白熱したMCで、りさまる「ご飯の話ばっかしてるの誰?」樹々ちゃん「きき話してないそんなに!」とお約束の掛け合いも(DマガVol.2を参照)。

番外編「樹々ちゃん心霊現象事件」。夜中にノックされても誰も居なくてマネに電話してしまったものの、実はあんみぃとゆめのの仕業だったというかわいいエピソードでしたw

 

後半戦は『低温火傷』『ハナモヨウ』で盛り上げ。どちらもコールが定着して楽しかったですね。

最後の曲は「これからも笑顔を届けられるように」ということで『笑って』を披露。ほんとうに大好きな曲ながら、現場で聴くのは初めて。改めて良い曲だなあと感じましたね。。

 

つばきコールを受けてアンコール。一人一人ライブを振り返ります。

「去年メジャーデビューしてから沢山の人と出会って、メンバーともファンの皆さんとも距離が縮まった」と感極る瑞歩ちゃん。対して新曲3曲のみの参加となった樹々ちゃんは「次こそは全曲参加できるように」と悔し涙。1年前と同じように涙を浮かべながら「泣いてない!」と強がるあんみぃ。「末っ子グループでまだまだ未熟者だけど、ハロプロを引っ張っていけるグループになりたい」とりこりこ。

 

最後の曲は『初恋サンライズ』。今や大定番、たくさん聴いてきたからこそ惰性になりがちですが…この曲はいつもメンバーが楽しそうなんですよね。それを受けてかどんどん熱気が上がってるのが伝わってきて、すごくライブらしかった。ほんとうに良いパフォーマンスでした。

 

終演後は握手会があり、みんなに一言声かけられたのも嬉しかったですね。

 

久々ながら、やっぱり9人の顔を見ると安心するんです。でも久々だから、こんな大きかった!?こんなしっかりしてた!?なんて驚きもあったり。

今のつばきは9人ともすごく輝いてます。その輝いている姿をたくさん見ていけたら、と改めて感じたワンマンライブでした!

 

 

 

 

 

アイドルネッサンス最後の日

こんなタイトルで記事を書くのも、寂しいんですけど。

 

ルネとの出会いは2014年の夏だったか、『17才』をラジオで聴いたときでした。そこですぐ「このグループは何?この曲は何?」と気になって探し始めたんだったと思います。石野理子ちゃんのソロパートを聴いて、歌の上手さにすごく感動したのを覚えています。まだデビューしたてだったルネ。その未熟さや若さにあまりにも合っている選曲、メイキングで様々な感情が入り乱れる姿もすごく惹かれました。

 

「ルネ面白いじゃん!」と感じたのは、『初恋』を聴いたとき。親の影響でよく聴いていて、元々好きな曲でした。こんな曲まで歌ってくれてるんだと感心して、ここで初めて「名曲ルネッサンス」の面白さに気づいたんです。もう一つのA面『太陽と心臓』では、橋本佳奈ちゃんがトランペットを吹いていて、これもまた面白いんです。そして、歌い出しを担当した比嘉奈菜子ちゃんのかわいい笑顔に、また惹かれてしまいました。

Tパレ加入やらも何となくしか分かっていませんでしたが、『夏の決心』は、ポンキッキーズでこの曲で聴いていた世代というのもあって「聴いたことある!!」の衝撃が大きかったですね。この2015年頃が一番ハマっていた時期で、初めてTIFに行った年でもありました。そこで、初めてルネを生で観ることができました。ガンダム広場のステージでしたね。この年の冬は地元でやった『Funny Bunny』のリリイベにも行きました。真摯に歌に向き合う姿に、また感動したのです。

 

ハロ以外はほんとうに疎かった自分が、ハロ以外のアイドルさんを深く見ることは新鮮な体験で。改めて考えると、初めてハマったハロ以外のアイドルだったのかもしれません。『17才』も然りですが、自分ロック音楽がそう好きではないんですよね。でも、そんな自分でも躊躇なく聴けてしまう。何より、新しい音楽に気軽に触れられるのがすごく嬉しかったんです。

 

その流れで2016年2月、カントリー・ガールズとの2マンライブがあって、そこが初めてお金を出して行ったルネ現場でした。ハロも出るライブということで行きやすかったですからね。初めてしっかりライブを観て、リクエストにも入れた『初恋』を含めて、聴きたかった曲がたくさん聴けてすごく嬉しかったんです。特典会に行ったのもその日が初めてで、みんなキラキラしていたのを覚えています。これを受けて、直後の『アワー・ソングス』のリリイベも行きましたね。

6月に新体制の発表がありましたが、個人的にはまだ気にする段階に達してなくて、そうなんだ〜くらいにしか思ってませんでした。ただその時期は、ハロで推しが卒業した直後で、アイドル全体をなんとなく追えなかった時期だったんですよね。ルネも変わっていくという現実も、なんとなくついていけなかった。TIFでも観ましたが、なんとなくついていけなかったんですよね。自分勝手なんだけど。でもそこでAISと出会ったのが一つの救いで、ルネ部を見続けることは出来ていたんです。

 

すっかりAISにどっぷりな日々を過ごした2017年5月、ルネの3周年ライブにも出るということで久々にルネ現場へ。確か半年以上ぶりだったんですよね。久々に観て、たくさん曲聴いて…そこで「ルネ面白いじゃん!」という気持ちも久々に湧いてきたんです。なんとなくついていけない、遠くへ行っちゃったとか思ったりもしたけど、やっぱり身体は覚えていて、そんなことも感じさせず心から楽しむことが出来たんです。この頃から知り合いも増えたりで、横丁・TIFとかも楽しんで観てましたし、ルネ部楽しいなあって思う日々でした。だからこそ、不穏な空気にはどこか信じられない気持ちがあったんです。

 

2018年1月、解散発表。心の準備はしてたけど、いざ目の当たりにするとやっぱり受け入れ難くて。いくら前向きな決断とか言っても、ね。はっきり言って悲しい。今日で解散するという現実も、やっぱり悲しいし寂しいんです。

 

橋本佳奈ちゃん。力強い低い歌声がすごく好きでした。卒業のときも、ハロでもないのにすごく寂しかった。でも卒業した後もいろいろ活動頑張っていて、アナウンサーの夢に着実に向かっていること、引き続き応援したいです。

新井乃亜ちゃん。ルネで一番アイドルらしいと思ってます。『シャングリラ』とか『タイム・トラベル』とか、好きな曲の重要パートを担ってるのは乃亜ちゃんだったり。ほわほわした雰囲気もありつつ、その中に秘めたる熱い想いがリーダーらしくて好きでした。

南端まいなちゃん。毎日ブログを続けたり、Twitterもマメに更新したり、ファンを想う気持ちが一番大きいんじゃないかなと思います。「金曜日のおはよう」動画は毎週の楽しみでした。まいにゃの努力家なところ、尊敬しています。

比嘉奈菜子ちゃん。何より笑顔がかわいい。例えブログだとしても、その笑顔が見えてくるような元気いっぱいな姿が、見ていてすごく力になるんですよね。なっこスマイルはこれからも絶やさないでほしい。どんなフィールドでも、たくさんの人に笑顔を振りまいてほしいです。なっこ好きだよ!!

石野理子ちゃん。理子ちゃんの歌を聴いていなければ、ルネをこんなにも深く見ることは出来なかった。これからどんな活動をするか分かりませんが、理子ちゃんはずっと歌っていてほしい。もっともっと、理子ちゃんの歌を聴いてほしいです。

宮本茉凛ちゃん。AISでもたくさん姿を観ることできました。初めて行った特典会で「がんばります!覚えてもらえるように!」って言われたのをすごく覚えてるんですよね。AISのTシャツを見ればイジってくれたり。ルネッサンスと呼んでるのもまりんの影響だし。まりんは何気ない会話がすごく印象に残っていて。一番思い出のあるメンバーです。また約束の場所で会おうね!

百岡古宵ちゃん。かわいらしい声が大好きで、『17才』を聴いたときもこよちゃんのパートはすごく印象的だったんです。当時の中学生らしい元気いっぱいな姿も、今の大人っぽい姿も…そんな成長を感じられるメンバーでもありました。

原田珠々華ちゃん。かわいいよね、すずかはかわいい。でも力強い歌声だったり、ブログが面白かったり、そのギャップがまた良いんですよね。活動に真正面から向き合うところもすずかの良いところで、誠実さを強みにしていってほしいです。

野本ゆめかちゃん。無邪気なところが、なんか元気もらえるんですよね。郷土愛が強いところも、同じ県民としてすごく嬉しい。ゆめかの明るい性格はたくさんの人を元気づけたし、これからもたくさん元気づけたり笑顔にさせるんだと思います。これからも活動をしてくれるのなら、またたくさん笑いたいですね。

 

こんなにも悲しい解散もないかなって思ってしまうんですが…きっと今日も素敵なステージを見せてくれるんだと思います。ルネのライブはいつも素敵ですから。残念ながらライブには参加できませんが、ライブの成功を祈ってます!

 

アイドルネッサンス最高!今までありがとう!

AISミニ公演「AIS-Snack vol.2 〜バレンタイン魂〜」@フジさんのヨコ レポ

2/17はAISミニ公演へ。今回はバレンタイン公演ということで、かわいい曲多めのライヴになりました。

 

前回に引き続き、レパートリーから『ナビが壊れた王子様』『ドキ恋』『Wanna be your girlfriend』『完璧ぐ〜のね』『こいしょ』『こあくまるんです』『Kiss!』『MGCS』とノンストップで7曲披露。メンバーセレクトで、曲順もストーリーになっているらしいです。

LOVE CHANCEはコール入れながら楽しめました。ワナビやKiss!なんかは去年のバレンタイン公演でもやっていましたね。こあくまが入るのもナイスだったと思います。季節外れのMGCSはまさか聴けるとは思わなかった!

 

続いてこの日限りのバレンタインソングカバー。

『ギミチョコ!!』(BABYMETAL/まゆ・ゆりあ・はるか)は、はるかメインで披露。ベビメタ好きのゆりあは嬉しそうに感想を話していました。

『チョコレート魂』(松浦亜弥/れな・もえ・ともか・せら)はタイトルに因んでだとは思いますが、歌ってくれてホントに嬉しかった。レパートリー追加も含めて、また松浦曲やってほしいです。

最後は『バレンタイン・キッス』(国生さゆり/全員)。定番中の定番ですね。PPPHしたり楽しかったです。

 

先述した去年のバレンタイン公演が、自分の初めて行った定期公演でした。あれから1年経って、変わらず応援できていることがホントに嬉しいなと思います。これからも変わらず応援できれば!

ぜひ皆様もAISへ。4/14(土)のワンマン@白金高輪selene b2も宜しければ。AISはいいぞ!

AISミニ公演「AIS-Snack vol.1 〜ノンストップで行ってみましょ♪〜@フジさんのヨコ レポ+α

1/28はAISのミニ公演へ。ワンマンに向けた新シリーズで、60分尺で気軽に楽しめる公演だそう。

とはいえ初回はノンストップライヴ!果たしてそれが気軽なのか、よくわからないままフジテレビ本社のイベントスペース「フジさんのヨコ」へ。

この日は磯前星来ちゃんが欠席でした。

 

今回はメンバー考案のセトリ。一曲目は『ココロのちず』でウォーミングアップ。フジテレビならでは、な曲。

 

MC挟んでノンストップコーナー。タイトルに因んで『GO MY WAY!!』から始まり、『OTF』『Luvly, Merry-Go-Round』と続きます。1番2番共に萌ちゃんがセリフ担当となった『こあくまるんです』で一息かと思いきや、『マーチングマーチ』で(特にメンバーが)全く休めない状況。『ZETTAI』『レントゲン』『ナースカーニバル』とアゲ曲を連発し、ひさびさの『ICE CREAM MAGIC』、そして『こいしょ』で大団円。

詰め詰めで書きましたが、10曲がホントあっという間で…楽しくて仕方ありませんでした。

MC挟んで、最後は『約束の場所』でクールダウン。

----------

夜も同会場で行われた対バンへ。

AISは『キャプテンは君だ』『ドキ恋』『ぐ〜のね』『Faraway』『お受験』『それだけなんだけど』と、そういえば昼やってなかったね〜な曲をやってくれました。キャプテンやお受験は久々でした。ぐ〜のねの1ぐ〜のねは皆んなで。それだけなんだけど聴けてよかった。。。

 

昼のMCでれなが「AISはAISのままで、突き進んでいきます」ということを言っていました。ワンマンは4/14。それまで殻をまだまだ破りまくってくれそうなAIS、これからが楽しみだなと思えるのが有り難いことですね。

 

あとこれは余談なんですけど、この対バンに出てた香港アイドル「アリエルプロジェクト」さんがマジで良かったということだけ書かせてください(こちらに書きました)。

AISパンダ初め

1/14の午前中はパンダみっく@東京アイドル劇場へ。

『まみむめも』『ネズミーランド』『今夜がおわらない』『あれからの話だけど』『シンデレラ』『パラレルワ』『好きな曜日はxx』と、前半は可愛く後半はかっこよく、30分たっぷりやってくれました。

振り付けもマネしやすい曲が多かったし、SEもかわいく変わってたし、そして相変わらずみんなパワフルで!ラフに観てて楽しかったですね。今年はたくさん楽曲お勉強します。

----------

午後はAIS出演の対バン@TOKYO FMホールへ。ハロのFCイベではお馴染みの会場ですが、このような対バンイベントで行くのは初めてでした。

衣装は昨年の現場納めに引き続きセーラー服衣装。『この手につかんだ未来地図』『GO MY WAY!!』『Over The Future』『レントゲン』と、持ち時間も少ない中で楽しませてもらいました。『レントゲン』を自分は久々に聴いて楽しいなぁと思ったり。立ち現場の『OTF』も久々でした。ただ4曲じゃ物足りないというのは正直なところ、次のミニ公演が楽しみです。

 

というわけで、AISパンダ初めの感想でした!

Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER 〜PERFECT SCORE〜@中野サンプラザ(1/6夜) レポ

現場初めは中野詣!というわけで、今年も冬ハロ行ってきました〜

今回は20周年記念とタイトルに入っていることも期待していました。

観た回は佐藤優樹ちゃん・野中美希ちゃん・勝田里奈ちゃん・室田瑞希ちゃん・佐々木莉佳子ちゃん・宮本佳林ちゃん・和田桜子ちゃんが欠席でした。

 ----------

最初は20周年らしく『Helloのテーマ』(全員)。懐かしいです…。SEで流れるのはよく聴いていましたが、歌付きで聴けるのはやっぱり嬉しいです。

 MCは夏ハロから引き続き、まこと・山木さん・小関ちゃんの3人体制。

 

 『低温火傷』(つばき)は研修生発表会でも聴きましたが、時間を置いて聴いてみると、盛り上がりも加わったせいか改めて良い曲だなあと感じました。

『やっちゃえ Go Go』(研修生)は、コミカルでかわいい新曲。小さいメンバーが歌ったらハマるだろうな〜。

『書いては消しての"I Love You"』(カントリー)はヒャダインによる新曲。なんだかんだ5人集まればしっかり可愛く仕上げてくる、流石だなと思います。

新曲ラッシュの中で現れる『猪突猛進』(こぶし)、とはいえ5人体制になって、さらに欠席で4人になって。大変だったとは思いますが、バッチリ仕上げていたのは凄かったし、4人でも盛り上がりは変わりませんでした。元々メインで歌うメンバーが多いからか、歌割も自然な感じでそれぞれ微増していました。

『TOKYOグライダー』(J=J)は色気も感じるファンクソング。るるちゃん・やなみんはまだなり切れてない感じもしつつ、自然に表現する先輩4人の色っぽさ!あーりーは特に凄かった。さゆきのファンキーなダンスも見もの。

『キソクタダシクウツクシク』(アンジュ)は、特に1期2期の仕上がりが凄かった。3期も居たらまた違かったのかもしれません。

『花が咲く 太陽浴びて』(娘。)は、和風なダンスナンバー。とにかくダンスが美しい。

 

 今回から復帰となった稲場愛香ちゃんと研修生デビュー組(一岡・高瀬・清野)で『好きすぎて バカみたい』『誤爆』。『好きバカ』はやはり盛り上がる。まだなんとなく未熟なところが、研修生発表会っぽかったりw

 

20年で発表されたハロプロ曲は約2500曲。「スカイツリーの階段の段数と同じ」なんておぜちゃんの小ネタを挟みつつ、厳選されたハロ曲メドレーに突入です。

『ガタメキラ』(段原・秋山(・野中・佐々木))は急きょ2人となってしまいましたが、イントロのるるちゃんフェイク含め堂々としていました。

ミニモニ。ジャンケンぴょん!』(横山・船木・稲場(・宮本))も懐かしい!背の小さいメンバーで、ヘッドセット使って…と忠実に再現してたのもグッドでした。

『青春時代1.2.3!』(飯窪・小田・宮崎・小野田・一岡(・室田))も懐かしさでいっぱいでした。

『だって 生きてかなくちゃ』(石田・川村・梁川・小片)は盛り上がりが古き良きハローらしくて…自分がここに居られたのが嬉しかったですね。何回目だよ!ってくらいですが、これも懐かしくて、ハロモニなんかで聴いたのを思い出します。

『たんぽぽ』(譜久村・高木・井上)は実力派の3人による歌唱。さすが、歌声がみんな綺麗でした。

 

平家みちよさんのデビュー曲『GET』(全員)も20周年ならでは、欠かせない1曲です。娘。に抜かされて…なんていいつつも、こうやって重要視されて息を吹き返したのも、ハローが20年続いたからこそ出来たことなのでしょう。

 

ダンス部(石田・牧野・加賀・森戸・竹内・船木・浜浦・山岸・秋山・稲場(・和田彩・室田・佐々木・宮本))のパフォーマンスもあり。欠席者が多かったのもあってか、ソロで見せ場のあるメンバーも居ました。

 

MC「ハロプロ年表」、まこと・一岡・高瀬・清野でハローを振り返っていこうというコーナー。毎回少しずつ進んでいくみたいで、入った回はココナッツ娘。結成〜後藤真希加入までを振り返りました。まこと曰くココナッツについては「ハワイのメンバーが(ハローの)仕事忙しいからってすぐ辞めちゃった」、ごっちん加入は「あのオーラやスター性は忘れもしない」とのこと。研修生は知らないでしょ?と話を振りましたが、いっちゃんは以前ライヴを観てサインボールをもらったそうです。

 

ここからは2グループが1番・2番をそれぞれ歌い、コラボしました。

『奇跡の香りダンス。』(カントリー・つばき)、現場で聴けたのがすごく嬉しかったです。

『原色GAL 派手に行くべ!』(アンジュ・こぶし)もすごく懐かしかった。アンジュの1期2期が活き活き歌ってて、やっぱりこういう曲歌いたいのかな…と思ったり。

『涙GIRL』(娘。・J=J)も楽しかったです。サビの合唱も気持ちよかった。小田ちゃんやあーりーがかっこ良かったなぁ。

 

ここからはそれぞれの持ち歌で盛り上げ。

『初恋サンライズ』(つばき・BD娘。9期〜12期)はもう安定です。たくさんジャンプしました。

『VIVA!!薔薇色の人生』(カントリー・BDつばき1期)は恥ずかしながら初めて聴きました。つばきのBDが初期メン6人でちょっと胸が熱くなったり。

『ドスコイ』(こぶし・BDカントリー+娘。13期)も慣れた曲なので楽しかったです。間奏の相撲はももひめ・きぃちゃん。キレキレに踊るかえでぃー、ニコニコで踊るよこやんもよかった!

『Fiesta! Fiesta!』(J=J・BDこぶし+つばき2期)は夏ハロから引き続き爆発力あるパフォーマンスで圧倒。

『君だけじゃないさ…friends』(アンジュ・BD J=J)はミディアムテンポの曲ですが、サビのダンスが指差しだったりで、一体感が楽しそうな一曲。

『ナルシスカマってちゃん』(娘。・BDアンジュ)、CDが出て改めて聴けてよかったです。パート割もしっかり確認できたのも収穫!

 

ラストは『ザ☆ピ〜ス』(全員)。オケはオリジナル版、セリフは文乃ちゃん。

----------

今回は昔の曲が多くて、「私の中のハロー!プロジェクト」が詰まった公演でした。ずっと懐かしい懐かしいと思いながら観ていました。

最近色んなアイドルさんを観てますが、やっぱりハローは自分のアイドルの原点であり、絶対的な帰る場所であると改めて感じました。

20周年イヤー、この先の動きも楽しみです!

ハロー!プロジェクト最高!!